ライフスタイル
ライフスタイルニュース
04.Sep.2018

残暑にピッタリ!?背筋も凍る、女たちの熾烈バトルエピソード集!

恋愛で職場で友人同士で――。バチバチと火花を散らすように日々、密かに繰り広げられている女たちの背筋も凍るようなバトルをご覧あれ!

バトルといえばやっぱり、職場!

先輩の嫌がらせ対策

職場のランチ時に少しでも幸せ自慢をすると、ルミコ先輩から嫌がらせをされるんです。以前、後輩のKちゃんが彼氏ができたことをノロけたら、その日の夕方「この残業、誰にやってもらおうかな、幸せいっぱいなKちゃんかな〜?」とルミコ先輩に指名され、デートの約束を泣く泣く断るハメに。

それからというもの、みんな彼氏ができても、〝ランチでは愚痴〞が暗黙の了解に。「彼の痔がひどくて。肛門科のスタンプカードがほしい」、「彼の足が臭くて、飼っている猫が倒れた」なんて具合に。いくら嫌がらせから逃れるためとは言え、逆にストレスが溜まりまくっています。

(建設・千佳・26歳)

上司からの呼び出し

入社1年目のこと。ピリピリしている職場の中、よく話しかけてくる30代前半の女性がいました。職場環境に慣れない私には有り難い存在だったのですが……。実は陰で、私の悪口を言いふらしていたんです。しまいには、1週間毎日別室に呼び出され、「服装の色が派手」「アクセサリーをつけるな」「若いからって調子に乗るな」などと散々の言われよう。上司なので素直に聞いていましたが、ある日さすがに限界を超えて反論! その後、何も言われなくなりましたが、理不尽な言いがかりは本当に迷惑ですっ!

(金融・美紗・26歳)

女の二大派閥

うちの部署の女子は、N先輩とR先輩、二大派閥のどちらかに属すように促される。面倒なのが昼食。N先輩派閥の私は、いつも社外のイタリアンレストラン。だけど、R先輩らは社食!社食の方が安いしのんびりできるので、本当は社食で食べたい……。

そこで先日、仕事が昼休みにずれたフリをして一人社食へ。すると午後、トイレの個室に入っていると、「寝返った」「向こうに接近してる」とN先輩と誰かがヒソヒソ話。それって私のことだよね!?もうこんな不自由な生活いやじゃ〜!

(IT・千夏・24歳)

お局さんの洗礼

前の職場でいわゆるお局さんと呼ばれる人が居ました。私はまだ22歳の新入社員。男性社員やお偉いさんにも可愛がられていたのでそのお局さんに良く思われていなかったよう。

ある日、休憩時間にお手洗いに入っていると「パチッ」と外から電気を消されました!外からしか電気を点けられないお手洗いだったので私は真っ暗の中、用を足す事態に!あとから分かったのですが電気を切ったのはやはりそのお局さんでした。お局さんコワイよ〜!と恐怖におびえた忘れられない思い出です。

(運輸・さやか・28歳)
pattern_1

必殺!嫌味返し

「そのすっごく古いメイクポーチ、だいぶ汚れてるし新しくしたら?」と、後輩の亜由美に何気なく言うと「じゃあセンパイのを見せてください。参考にしますので」と言われたので素直に渡しました。すると、私のポーチを勝手に開けて中身をくまなくチェックした挙げ句、「ふ~ん、プチプラばっかなんですね。経済的!」と悪意あるコメントを返されてしまいました(恥)。悪かったねー、プチプラコスメばっかりで!低レベルながら女同士の戦いを繰り広げていた私たちです。

(メーカー・優・25歳)

次ページ≫ライバルの蹴落とし方

44 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ