ライフスタイル
ライフスタイルニュース

人気美容家・神崎恵が赤裸々に語る「結婚」の本音とタテマエ「辛い日々もすごしてきたけど、そのぶん、私たち親子の絆は強いです」

【美容家 神崎恵さん】憧れのあの人が語る、「結婚」の本音とタテマエ

美容や人生について取材すると、ズバズバ核心をつく内容をスラスラ語ってくれる神崎さん。でも、今回ばかりは言葉に迷い、「わからない」を連発。かつて“恋愛のカリスマ”として名を馳せた彼女が語る、結婚の難しさ、そして息子たちへの溢れんばかりの愛情とは?
pattern_1
トップス¥11000/ノーク バイ ザ ライン(ノーク) エプロン¥11000/ドレスセン ピアス¥5400/アビステ
「結婚とはなんなのか、きっとこの先もわからないと思う。でも、子どもたちへの愛情と自分の強さに対して自信はついた」

ABOUT:FAMILY

「息子たちの選択をしっかり応援できる自分でいたい。今の仕事を始めるときに決意したこと」

自分の選択が子どもたちに どうだったのか、自問自答の日々

「ふたりの息子を抱えてシングルマザーになり、今の仕事を始めるとき、将来、もし息子たちが大学進学を希望したら行かせられるように頑張ろうって思ったんです。だから、今、長男の大学の学費を払い込むたびに必ずひとりで乾杯します」。

はたから見れば“素敵なママ”だが、それでも自分の子育てに落ち込むこともあるそう。

「そのときはいいと思って選んだ決断も、時間が経って冷静になると、より子どもの立場で考えるように。すると自分の首を絞めたくなるほど後悔することがいっぱい

次男がまだ3歳のとき、お友達の家で“ここはお父さんがいる家?”と聞かれたことがあって。今、思い出しても胸が締め付けられます。

子どもの言葉や表情は、私のエネルギー源だけど、時として切ない気持ちになることも。辛い日々もすごしてきたけど、そのぶん、私たち親子の絆は強いです」
pattern_1
シングルマザーだった2012年、長男と次男と一緒に。

「まだ子どもたちが幼かったとき、真冬の仕事帰り、ふたりを抱っこして、重たいスーパーの袋を両手に持ったまま涙したことも」
次のページ>>家事を完璧にこなす理由とは?  
34 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ