ライフスタイル
ライフスタイルニュース
15.Oct.2019

毎日が劇的に変わる!今必要なのは【半径3メートルの自分アップデート】

半径3メートルの自分アップデート、始めよう!

自分がちょっと変われば、毎日は劇的に変わる!

ファッションやメイクのトレンドだけでなく、職場で求められる新たな役割にもすぐに適応する……。そんなスキルを身につけてきたwith世代の女子ならば、もっともっと生き方を自分らしくアレンジすることもできるはず! 

誰かの期待に応えるためではなく、自分自身のために、自分磨きや働き方の方向性を少しだけ変えてみよう。ささいなこと、なのに目の前の世界に彩りが増すような、「自分アップデート」のアイデアを。

教えてくれたのは 原田曜平さん/マーケティングアナリスト

1977年生まれ。博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダーを経て、若者研究とメディア研究を中心に、次世代に関わる分析を行うマーケティングのスペシャリスト。『ヤンキー経済』『さとり世代』など著書多数。

「令和OLはFOR ME世代。 量産型に見えて自分らしさを秘めています」

SNSネイティブの若者は日頃から海外のインフルエンサーに触れていることもあり、考え方のグローバル化が進んでいる印象です。昔の日本人のように「みんな同じ」に安心感を覚えるのではなく、何事も自分らしさを重視する傾向があります。

「FOR US」ではなく「FOR ME」な生き方を体現することが素敵な女性の条件になっていくと思います。

全く新しいことにトライしなくてもいい。半分新しいことで十分見違える

ファミマ限定のアイス「たべる牧場ミルク」は、フルーツやお菓子などをトッピングしたカスタム画像がSNS上で大きな話題となった。

「みんなが知っているような食べ物をマイナーチェンジするだけで、最高に盛り上がるコミュニケーションツールとなる。全く新しいものにトライする開拓者にならなくても、半分新しいことを見つけるだけで十分にオリジナリティを発揮できる。そういう意味で、『たべる牧場ミルク』はwith世代の女性の生き方を体現している存在かもしれません(笑)」

\たべる牧場ミルクって令和OL/

pattern_1

ファッションもSNSも、個性を見せる名刺。

トレンドも意識しながら、ちょっとだけ自分の個性も表現する。ファッションやSNSも、やっぱり〝キャラ立ち〞が大事。

「プロフィールに複数の肩書や趣味を記す〝スラッシャー〞という人々が増えたように、インスタ世代の女性は多様な自分を表現するセルフプロデュースの達人。ファッションやメイクも、ずっと同じテイストにとらわれずに、どんどん新しいものを取り込んで自分をアップデートしていける人に賞賛が集まっていますよね」
次のページ>>服だけじゃダメ。内側から磨かないと
32 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ