ライフスタイル
ライフスタイルニュース
16.Feb.2019

【私の働き方改革】IT会社勤務でフレックスタイム制度を最大限活用

国が進める"働き方改革"実際どうですか??

1:長時間労働の見直しで働きやすく
2:副業可など柔軟な働き方ができる環境に
3:非正規雇用の処遇を改善

を掲げている「国をあげた働き方改革」だけど、「まだ制度が利用しやすいとは言えない状態」という声も多数。そんな中、上から決められたからではなくて、自分から働き方を変えている女子が増えてきているよう。今回は転職してフレックスタイム制度を活用し、メリハリのついた朝型生活にシフトチェンジしたwith読者の江口さんにお話を伺いました。

働き方改革、江口裕美さんの場合《IT関連会社勤務》

pattern_1

【BEFORE】9時出社18時退社でラッシュに巻き込まれる ➡【AFTER】7時出社、16時退社の朝型にシフト

人気の料理教室へ夕方から参加できるように

通勤も仕事も快適! お肌の調子も整いました

1年前に転職をした江口裕美さん。「前職はフレックスタイム制度がなく、仕事が早く終わっても決められた時間内は会社にいないといけないのが少々不満でした。朝の満員電車もつらかったな……」転職した今の会社ではフレックスタイム制度が自由に使えるので、最大限活用中。毎日〝7時出社、16時退社〞だそう。「早朝は電車も空いているし、 朝7時から9時までは職場が静かで、電話もメールもこないので仕事がはかどりますね。会議は11時から15時の間のコアタイムに設定されるので問題ありません。また、22時から2時の〝ゴールデンタイム〞にぐっすり寝られるようになって、お肌の調子がよくなったのもうれしいです」
 
16時に退社すると、お料理教室へ。「人気の先生に17時からお料理やパン・ケーキづくりを習っています。朝の限られた時間に集中して掃除も夕飯の仕込みもしてしまうので、夜はゆったりお風呂に入って早く寝られます。難点を挙げるとすれば、少し夜の飲み会に参加しづらくなったことですかね。それでも以前は平日に習い事をするなんて考えられませんでしたし、メリハリのついた朝型の働き方は私に合っているので続けたいです」

\私のターニングポイント/

「前職ではフレックスタイム制度がなく、不必要に会社に残ることも。1年前に今の会社に転職してから、上司のニーズにこたえて一生懸命働いたら、『信頼しているから、いつでもフレックスタイム勤務をしていいよ』と言ってもらえました」

次ページ≫【BEFORE】➡【AFTER】で江口さんの24hスケジュールを比較!

34 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ