ライフスタイル
ライフスタイルニュース

ディズニー映画「魔法の言葉」4選!エルサが、プーさんが…前に進むヒントをくれる

激動の2020年が終わり、いよいよ新しい年の幕開け。まだまだ不安なことが多い毎日を、前向きに生きるヒントをくれるディズニー映画の名作をご紹介。気になる作品を観てみたら、あなたに特別な“魔法”がかかるかも……。

【Magic1】新しいことを始めたいときに『アナと雪の女王2』(2019)

「私は、このために生まれてきたのよ」by Elsa

pattern_1
©Disney
「なぜ自分は、ほかの人にはない力を持って生まれたのか」という幼い頃からの疑問に向き合うため、心のままに旅に出たエルサ。やりたいことがあるけれど、失敗や傷つくことを恐れて、なかなか行動に移せないという人もいるでしょう。この作品を観れば、エルサが未知の世界に踏み出す姿から、きっと勇気がもらえるはずです。

【Magic2】つらい出来事を経験したときに『トイ・ストーリー4』(2019)

「あなたには想像もつかないものを見てきた」 by Bo Peep

pattern_1
©︎Disney/Pixar
様々な場所を転々としながら、苦労の末になんとか生きのびてきた羊飼い人形のボー・ピープ。ずっと子供部屋で過ごしてきたウッディには「想像もつかないものを見てきた」と語る彼女。つらい経験をしても、その経験はいつか糧になる。彼女のたくましい姿から、多くのことを学べるでしょう。
次のページ>>「小さくて太ってる、そんな僕が好き」これは誰の言葉…?  
42 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ