ライフスタイル
ライフスタイルニュース

「『この人と結婚したらうまくいくかな』と悩む相手とは、結婚した後も悩む」その真意とは?

スタイリスト 小山田早織さんに聞く「夫婦」や「結婚観」

読者からも絶大な人気を誇る、スタイリストの小山田早織さん。結婚4年目に突入し、2児のママとなってますます輝きを放つ小山田さんに、結婚観や夫婦について、根掘り葉掘りたっぷりと伺いました!
pattern_1

【ABOUT:MY HUSBAND】夫は親友のような存在。お互いに気兼ねなくなんでも相談し合える関係が心地いい

仕事モードの自分から切り替えなくてもいい相手が、夫でした

実際に「この人と結婚するだろうな」という直感はありましたか?

「初対面のときはありませんでした(笑)。元々夫とは友達との集まりで知り合って仲よくなったんですが、夫に対してわたしが勝手な偏見を持ってひねくれた見方をしていたんです。でも、夫が真剣にアプローチしてきてくれて実際に付き合うようになってからは、自然に結婚したいと思えるようになりました

それはやっぱり、夫の前では仕事モードになっている自分と、恋人の前で見せる素の自分を無理に切り替えなくてもよくって、自分らしくいられたことも大きいのだと思います
夫婦の時間はいつ作っていますか?

「子どもを寝かしつけてから。晩酌しつついろんなことを話しています。『職業の幅が広がるから、子どもには英語だけはきちんと習得させてあげたいね』などの教育の話や、子どもが巣立った後の夫婦の将来の夢まで。もう親友ですね。

もし男性として見れなくなりそうになったら? それもありのまま相談すると思います(笑)。ちゃんと向き合って話を聞いてくれるし、絶大な信頼を寄せているんだと思います」
pattern_1
次のページ>>自分を犠牲にしなければ、家族もご機嫌でいられる  
24 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ