ライフスタイル
ライフスタイルニュース
15.Apr.2020

弘中綾香「当たり前のことを頑張っていれば“処世術”はいらない」【“生きかた上手”な人の頭の中】

“生きかた上手”な人の頭の中

仕事も私生活も自然体で輝く!

SNSを賑わす紋切り型のリア充を目指して頑張ることが、“幸せ”の近道とは限りません。誰かに評価されるために無理するのではなく、何事も自分のために。自然体な姿勢を貫きながら輝きを放つ“生きかた上手”な女性に、ストレスフリーな毎日を過ごすためのヒントを聞いてみました。

今回は昨年12月に『好きな女性アナウンサーランキング』で初の1位に輝いた弘中綾香さん。どんなに注目度が高まっても、“どこ吹く風”な弘中さんの、地に足のついた生き方に迫ります。

弘中綾香【気疲れ知らずな仕事論】

pattern_1
ロングシャツ¥23100、パイピングジャンパースカート¥28600/FURFUR

【PROFILE】

2013年テレビ朝日に入社。『激レアさんを連れてきた。』やYouTubeでの『ひろなか試してみた。』などで活躍中。田中みな実さんとの共演で話題をさらった『あざとくて何が悪いの?』の第二弾が2020年4月17日に放送予定。

雑音はあまり気にせず、会社員として“やるべきこと”に集中してきました

昨年12月に『好きな女性アナウンサーランキング』で初の1位に輝いた弘中綾香さん。どんなに注目度が高まっても“どこ吹く風”で、いたって冷静に感想を語ってくれました。

「あれって、エントリーしたつもりもないのに勝手に候補者になってランキングされてしまうんですよ。『なんだかな〜』という気分です。お給料が上がるわけじゃないですし(笑)。そもそも、大勢の人に好かれることを価値判断の基準にすると疲れてしまうので。ファッションやメイクは、自分が心地良くいられることを重視。会社員としても、雑音を気にしすぎずに“やるべきこと”に集中してきた感覚です」

地に足をつけて生きていれば、外部からの評価に一喜一憂しない。仕事の本質を理解していれば、余計な労力を使わずに働ける。弘中アナは、そんな達観した考えを持つ大人の女性です。

「やりたくないことを無理してやって、外からアレコレ言われるのはダメージが大きい。だから、仕事でストレスを溜めないためには、自分のやりたいことを周囲に伝えるのも大事だと思います。やりたいことをやったなら、たとえ批判されても納得できますからね。そのためには、『遅刻をしない』とか『マメに連絡する』とか、まずは当たり前のことを頑張ることが大前提。逆説的ですが、そこがちゃんとできていれば、上司にお世辞が言えなくても、多少のワガママを言っても、なんとかなる気がします(笑)」
次のページ>>弘中さんが教えてくれた“生き方上手”な3つのヒント  
24 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ