ライフスタイル
ライフスタイルニュース

生理休暇の申請率はまだ0.9%!? ストレスのない“生理休暇の伝え方"

働き方やライフスタイルが、大きく変わった今、「マナー」=「丁寧であること」が本当に正しいの? 基本+αで周囲と差がつくアイディアを集めました! 今回は、自分で休みやすい環境づくりを目指したい、生理休暇について。

【最新版】生理休暇のマナー

在宅勤務によりオンとオフの境がなくなり、休みが申請しにくい状況に。とくに生理休暇に関しては、今まで以上に言い出しにくかったという声が多数。自らで、気兼ねなく休める環境づくりをする必要が!
生理休暇を請求した人の割合 0.9%

※厚生労働省「平成27年度雇用均等基本調査」の結果概要​

arca CEO 辻愛沙子さんのアイディア

「“言える雰囲気”を浸透させるのも大切」

男性も、生理を特別視しないようにすることがまず大切。一人が言うと、周囲も言えるようになることが多いです。

また普段から女性のヘルスケアにまつわる話をタブー視せずあえて会話に出すなど、いざ生理痛などで体調が悪い時に上司に言い出しやすい空気の土台づくりが大事だと思います。

「他人に強制はしない」

生理に関することは、主張したい女性ばかりではないということも覚えておかなければいけません。「みんなで声をあげる」ことを強制するのではなく、「言いたい人が言える」環境をつくることが重要です。

作家 岩下尚史さんに聞く!

女性上司の「私のときはもっと大変だった」にうんざり……。

pattern_1
自分がそうならないためのお手本だと思いましょう
こういう問題って男女ではなく、世代で対立しやすいんです。上世代の女性たちは、頑張ってオジサン化したり、男たちと戦うことに一生懸命でした。だから自分たちのやり方にしがみつきたいんでしょうけど、もう、これからの時代は男女のどちらが支配するかではなく、どちらも快適に生きられるような社会にしてほしいものです。

教えてくれたのは

◎エレガントな大人代表!
作家 岩下尚史さん

◎社会問題をクリエイティブで変える!
arca CEO 辻愛沙子さん

▼ここも押さえておきたい!

ストレスフリーなニューノーマル式「生理休暇」の伝え方

「生理=体調不良のひとつという認識を」

コロナ禍で「体調不良」と伝えると、余計な憶測を呼んでしまう場合もあるので、生理休暇を申請しやすくなり、認識が変わったことは大きな意味がありました。社内の認識が変わった後も、周囲に生理周期を知られたくないという人には上長への申告を義務づけていません。オープンにする義務は決してないことなので、自分で選ぶ。それが今後の生理休暇とのあるべき付き合い方だと思います。

◎アイル 広報
吉野美紀さん
株式会社アイル:今年より生理休暇を有給として制定。心身ともに健康的に働ける環境づくりに努めている。
pattern_1
他にも来客・訪問時や、リモート会議、ビジネスメールまで。多岐にわたる最新マナーのアイディアを紹介しています!
撮影/武藤誠(フチ子分) 金栄珠(岩下さん分) 取材・文/山本奈緒子(岩下さん分) 構成/杉浦香 イラスト/中丸陽子 撮影協力/コップのフチ子 ●再構成with online編集部 
 
25 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ