withonlineロゴ
ライフスタイルトピックス

“感じがいい子”はココが違う!プロが伝授する【話し上手になるための5つのコツ】

暮らし

〝話す内容より話し方〟が大事ってかなり真実です

自己紹介や初めての相手と話す機会も多い新年度。人前で話すのって苦手……という人も多いでしょう。でも、できることなら話し上手になりたい! その方法をキャリアカウンセラーの北條久美子さんに聞きました。今回は伝えたいことを上手に話すコツ5つを伝授していただきます!

教えてくれたのは  北條久美子さん

pattern_1
東京外国語大学卒業後、研修講師等を経て、2010年にキャリアカウンセラー資格を取得し独立。一般企業や行政機関、大学等で年間2500人以上にマナーとコミュニケーション、キャリアのセミナーを行っている。著書に『ビジネスマナーの解剖図鑑』、『図解 社会人1年生大全』ほか。
pattern_1
女子の人生は選択の連続。結婚するもしないも、子どもを産むも産まないも、仕事を続けるも続けないも……そんな女子の人生がスムーズにいく手助けをしてくれるのが「マナー」です。会社もプライベートも気持ちよく生きていきたい女子のために、知っておきたい7つのマナー→7つの力をお教えします。 講談社刊/1200円

Q1:どうすれば信頼される人になれますか?

A:相手に"おへそ"を向けて話していますか?

「目を見て話す」のはもちろんのこと、おへそがまっすぐ相手に向くように姿勢を正しているか、確認してみましょう。おへそは体の中心であり、お母さんとつながっていた大切な場所。誰かと話すとき、または想いを伝えたいときは、その大事なおへそをまっすぐ向けることで考えや思いが伝わり、信頼関係が築かれていきます。

Q2:大人数の前だと緊張してうまく話せなくなります

A:話し方にもある "さしすせそ"

料理で調味料を入れる順番のように、話し方にも〝さしすせそ〞があります。「さ」は、最高の状態をイメージすること。「し」は姿勢よく! 「す」はスマイルで「せ」は誠実に、です。「そ」は、相手の話を聞くときに「そうなんですか」「それからどうなったんですか?」と「そ」のつく言葉に心を込めて。話し始める前に〝さしすせそ〞を再確認してみてくださいね。

Q3:第一印象が悪いのが悩みです

A:口角を上げて出会えた喜びを!

新入社員や部署異動があった場合、1日に何度も挨拶や自己紹介をします。あなたにとっては何度もある〝はじめまして〞でも、相手にとってはたった一度の初対面。意識してにっこり口角を上げ、「出会えて嬉しい「」あなたのことを知りたい」という気持ちを表情からも伝えましょう。話す内容よりも、そんな態度や話しぶりが心に残るものです。

次ページ≫なかなか人に覚えてもらえないときは……

 
27 件
カテゴリーの記事一覧

SHARE

AUTHORS