ライフスタイル
ライフスタイルニュース

軍艦島や一本柱鳥居、地元女子に愛される名店も!長崎独自の歴史を辿る【with girlsと行く女子旅】

全国に約3500人いるwithの読者メンバー組織・with girlsが"にっぽん各地"の魅力をお伝えするこの企画。その土地で生まれ育ったリアルOLだからこそわかるとっておきの情報を届けます♡

長崎県長崎市で【長崎独自の歴史を辿る旅】

今回フィーチャーするのは長崎県長崎市。長崎県というと、深い歴史を感じさせる建物など今もなお当時の面影を残す街。異国情緒溢れる街並みから、長崎独自の歴史を辿るみどころをご紹介します。

1.【山王神社】で被爆クスノキや一本柱鳥居を見る

原爆投下により、主幹の1/3以上を失った2本のクスノキの枝が交差して一体となり、今では長崎市指定天然記念物となっている大樹。その被爆クスノキだけでなく、原爆によって左半分を失った一本柱の鳥居を見ることもできる。
《DATA》
住所:長崎県長崎市坂本2-6-56 ☎095-844-1415
pattern_1
pattern_1
一本柱鳥居の迫力!

2.【軍艦島】海の上に浮かぶ、廃墟が立ち並ぶ島

映画のロケ地などにも使われている軍艦島は、石炭が採取できる島として昭和35年の最盛期には約5300人もの人が住んでいた場所。昭和49年に閉山となり、今は観光スポットとしても人気の場所。上陸してみると当時の情景とともに、迫力が伝わり感激を覚えるはず。
《DATA》
軍艦島(端島) 長崎県長崎市高島町 長崎港から出ている上陸ツアーで船に乗り、約40分で到着する。
pattern_1
pattern_1
pattern_1
日本最古の鉄筋コンクリート建築も
次のページ>>地元女子に愛される名店へ行ってみよう!  
33 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ