ライフスタイル
ライフスタイルニュース
07.Jul.2018

【古市憲寿さんが回答】もう耐えられない上司の無茶ブリ!!どうしたらいい?

歯に衣を着せぬ物言いで話題の古市さんは、社会学者&ニュース番組にも出演する気鋭の論客。大好評につき、迷えるwith読者と直接、対面! ズバッとアドバイスしてもらいます!今回は、上司に関するお悩み。

pattern_1

まるで日大アメフト部!上司が無茶ブリばかりでもう耐えられない……。

「できなかったら、分かるよね?」と言外にクビを匂わせて、膨大な量の作業を命じてくる上司。結果、私たちがミスをしても知らんぷり。怖すぎて文句も言えませ〜ん(泣)。

(メーカー事務・Kさん・27歳)

回答 論より証拠。問題発言を録音して

古市さん(以下・古) (コーヒーを飲みながら淡々と)まあ、基本はボイスレコーダーですね。上司との会話を録音しておくことが大事。

Kさん(以下・K) えっと……パワハラの証拠を集めて戦うということですよね。もう少し、平和的な解決方法はありませんか?朝ドラのヒロインっぽいピュアな言動で、上司を改心させるとか!

古 う〜ん。無理かな。いまどき〝脅し〞がまかり通るなんて、よほど組織の体質が異質だということ。日大や相撲協会と同じ(※1)で、一般社会とは違う理屈で動いているわけだから。パワハラやセクハラを自分たちで是正するような自浄作用は期待できないし、Kさんのような若手が情に訴えても何も変わらないと思うけど?

K なんだか、ひとりで悩むのが時間のムダに思えてきました。さっそく、帰りにボイスレコーダーを買います。

古 スマホの録音アプリでもいいと思うけどね。とにかく証拠を残しておけば、さすがに言い逃れできなくなるから。でも、集めた音声データを上司のライバル社員に託したいところ。Kさんの上司のことを「おとしめたい」と思っていそうな人、いるんじゃない?

K 部署が違いますが、私の上司と出世競争していて、敵対する派閥を率いている人がいますね。

古 その人なら、Kさんが集めた証拠を使って上司を糾弾してくれるんじゃないかな。派閥争いを利用するのもひとつの手段だよ。

K なんか「毒をもって毒を制す」みたいで、気が進まないかも。

古 駆け引きが嫌いなの?僕は、Kさんが傷つかない現実的な解決方法だと思うけどね。

K え、じゃあやります! 古市さんって、顔には出ないけど、意外と優しいんですね。

(※1) 日大や相撲協会
日本大学はアメフト部の選手を悪質な反則行為に走らせたことが、その後の不誠実な対応も含めて社会問題に。場内アナウンスで女人禁制を訴えた日本相撲協会も、その場の状況に対し不適切ではないかとして批判を浴びた。
pattern_1
古市憲寿さん
’85年東京都生まれ。社会学者。若者の生態を的確に描出し、クールに擁護した著書『絶望の国の幸福な若者たち』(講談社)などで注目される。近著の『保育園義務教育化』(小学館)では、女性が置かれた理不尽な状況を描き、その解決策を示す。
イラスト/死後くん 撮影/Maciej Kucia(AVGVST) 取材・文/紺谷宏之 
※再構成 with online編集部
10 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ