ライフスタイル
ライフスタイルニュース

え、あの「ユニクロ」でも花が買えちゃう!? 最新フラワートピックス&長持ちさせる3つのコツ

お花を長持ちさせる3つのコツ&最新のフラワートピックス

お部屋を彩ってくれるお花。せっかくなら長く楽しみたい! キレイな状態を保つための簡単な3つのコツをプロに教えていただきました。

そしてフラワーライフをもっと身近に感じられるお花のサブスクや、服や雑貨と一緒にお花が買えるお店の情報など、最新のお花事情についてお届けします!

①水に浸かる下葉は取る

水がにごる原因になるので、浸かる部分の葉は取ってから活ける。水の量はお花の全長の1/4程度を目安に、毎日取り替えて。その際に茎がヌメっとしてきたら手で軽く洗うこと。
pattern_1

②茎は水中で斜めにカット

切り花を長持ちさせるために1〜2日おきに根元の茎をカット。切った瞬間から水を吸うので、必ず水中で。斜めにハサミを入れると切り口の面積が広くなり、より水を吸いやすく。
pattern_1

③元気がなくなってきたら“湯あげ”してみよう

お花がくったりしてきたら新聞紙をきつめに巻いてまっすぐ整え、根元の茎を1〜2 ㎝カット。沸騰したお湯につけ、気泡が出てきたら約2時間水につけると翌朝にはしゃきっと。
pattern_1

教えてくれたのは 壱岐ゆかりさん (THE LITTLE SHOP OF FLOWERS)

「お行儀よくなくてもいい。どれだけ自然な姿のまま花を楽しめるか」。そんなポリシーで誰もが楽しめるお花との向き合い方を提案するフローリスト。お店のInstagramは@thelittleshopofflowers
次のページ>>最近よく聞く“お花のサブスク”って?  
43 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ