ライフスタイル
ライフスタイルニュース
19.Oct.2020

日常生活でどんどん自信を積み重ねていける方法とは?with連載陣が教える【戦略的ナルシストのススメ】後編

【自信の学校】戦略的ナルシストのススメ 後編

with豪華連載陣で結成された「日本のOLをもっと幸せにする委員会」。今回は生きづらい社会を攻略するための戦略として、イイ感じのナルシストになるためのメソッドや心構えを教えてくれました。

小さなことでも自分を褒めれば自信を積み重ねていける

20代後半の働く女子は、仕事で培ってきた経験に対しても自信を持っておきたいところ。社内で活躍して昇進を目指すにしろ、理想の働き方を求めて転職するにしろ、ステップアップのチャンスを逃さないためには、ただただ「自分を信じる」しかない。

■山崎 「僕は21歳の頃に『レ・ミゼラブル』のマリウス役に抜擢していただいてから、自分の持っている以上のスキルや精神力が必要な大役に挑むことが多くて、もちろんプレッシャーに負けそうになる瞬間もありました。でも、常に『自分にはできる!』と言い聞かせて、なんとかしがみついてきました。最初はハッタリの自信でもいいんですよ」

■古市 「だいたい、100%の自信を持って仕事することなんてできないですよね。政治家も科学者も、『こうだったらいいな』という仮説とか希望を信じて、ある意味“思い込み”で行動しているわけです。世の中のほとんどの成功者は、根拠のない自信を持って突き進む勇気があっただけなのかも」
偉業を達成した経験や特別な才能がなくたって大丈夫。日常生活で小さな達成感を味わうだけでも自分への自信を積み重ねることはできる。

■古市 「本当は自分を褒めるタイミングって一日の中でたくさんあるはず。料理でも掃除でも、何でもいいと思うんですけど。確実に成果を出せる方法を見つけておきたいですよね。たとえばダイエットなんて、数億人が自信アップの効果を証明してますよね。ビジネスで成功しようとするよりは、はるかに簡単なんじゃないかな」

■小島 「私は食器を洗うと決めて実行した瞬間、声に出して自分を絶賛しています。『洗ったじゃん、マジ、すごいえらい!』って(笑)。ぜひ声に出して自分を褒めてあげてください」

■イガリ 「でも、家事も100点を目指すと苦しくなるから、割り切ることも大事。私は料理が得意じゃなくて、しょっちゅう酒とみりんの塩梅(あんばい)を間違えて事故ってしまうんですが(笑)。だから料理は70点でも自分を褒める! 仕事でも、苦手なことを克服しようとするより、好きなことを極めていくほうが楽しいですし。それが自分に自信を持つための近道かもしれませんね」
世界中が逆境に直面している今は、生き方を見直したり、“キャラ変”するチャンスでもある。4人の先生たちが教えてくれたメソッドを参考にしながら、あなたもナルシストレベルを上げる訓練を始めてみませんか?

「日本のOLをもっと幸せにする委員会」メンバー紹介

【放送委員】小島慶子さん

pattern_1
ワンピース¥21000(予価)/アイリス&インク(アウトネット) ピアス¥42000/アリアナ プサート ライフォル(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター) ブーツ¥25000/ワシントン(銀座ワシントン銀座本店)
1972年7月27日生まれ。タレント、エッセイスト。東京大学大学院情報学環客員研究員。日本で働きながらオーストラリアで暮らす家族を支える生活。最新刊は『「もしかしてVERY失格!?」完結編 曼荼羅家族』。生きづらい世の中を攻略するための知性をwith読者に授けてくれる賢女。
連載:小島慶子の令和女子のための新・教養

【保健体育委員】山崎育三郎さん

pattern_1
シャツ¥24000、ネクタイ¥12000、トラウザース(スーツ価格)¥85000/ポール・スミス
1986年1月18日生まれ。東京都出身。2007年に「レ・ミゼラブル」で帝国劇場の舞台に立ち、ミュージカル界のプリンスとして活躍。現在放送中の連続テレビ小説「エール」で主人公の幼なじみ・佐藤久志役として出演。優しい微笑みでwith読者を癒やすこともできるし、体育会系の熱い精神論で背中を押すこともできる王子様。
連載:はなうたまじり

【美化委員】イガリシノブさん

pattern_1
ワンピース/イガリさん私物
1979年6月10日生まれ。神奈川県出身。ヘア&メイクアップアーティスト。独自の目線と理論から生まれるメイクは、常に注目の的。『イガリメイク、しちゃう?』など著書多数。コスメブランド“WHOMEE”も手がける。どんなテーマの取材でも賢い生き方のヒントをくれる天才。
連載:物語のあるメイク

\今日は在宅/

pattern_1

【文化委員】古市憲寿さん

1985年東京都生まれ。社会学者。若者の生態を的確に描出した著書『絶望の国の幸福な若者たち』などで注目される。最新刊はアムステルダムを舞台に俳優との出会いを描いた『アスク・ミー・ホワイ』。鋭い洞察眼と教養を生かし長年にわたりwith読者の悩み相談に答えてきたご意見番的存在。
連載:結婚の正体をさがして
撮影/朝山啓司 ヘア&メイク/中台朱美(小島さん)、松原美穂(山崎さん) スタイリスト/天水沙織(小島さん)、百瀬豪(山崎さん) 取材・文/浅原聡 ※再構成 with online編集部 ※商品情報はwith2020年11月号発売時点のものです。
 
28 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ