ライフスタイル
ライフスタイルニュース
17.Nov.2019

【with婚】ゆりやんレトリィバァ、結婚式挙げてみました♡part2

今や結婚も結婚式の形も人それぞれ。“私らしい結婚” ってナニ?


幸せの形は十人十色。

「お嫁さんになる」ことが女子共通の
夢ではなくなりつつある時代に、
あえて結婚することを選ぶなら……。

結婚式も、誓いの指輪も、新婚生活も、
「みんなと同じ」がベストとは限りません。

もっと自由に、固定観念に縛られず、
自分らしい結婚を目指す女子たちへ。

ゆりやんレトリィバァ、結婚式挙げてみました♡ part2

お決まりの行程を消化するのではなく、ゲストと一緒に幸せを嚙み締められるような演出に専念する。新しいウエディングのスタイルを、ゆりやんに体現してもらいました。

両親にも、ダーリンにも感謝の手紙を読み上げたい。変顔ネタは……照れ隠しに決まってるやん♥

pattern_1
新婦が両親に向けて、手紙を読む。……だけで終わりなんて、もったいない! 新郎への想いを知りたいゲストもいるはずだし、新郎が新婦に宛てた手紙を読む時間があってもいいはず。双方向のコミュニケーションを披露することで、ゲストは一層、新郎新婦の人生に寄り添った気分に。文章が苦手でも大丈夫。ウエディングプロデューサーの入念なヒアリングとプロの校正で最高の文章を引き出して。
pattern_1
pattern_1
おじいちゃんから、日常的に四字熟語を織り交ぜた人生訓を聞かされて育ったというゆりやんには、プロの手を借りる必要はないみたいです。

初の共同作業は"しゃもじ投入"。同じ釜の飯を食う関係に♥

pattern_1
ゲストとのコミュニケーションを増やしたいなら、披露宴の定番である〝高砂〞を取っ払うのもひとつの手段。境界線を取り払うことで、新郎新婦が自由に動けるように。ウエディングケーキを切る代わりに、釜飯をよそう演出も日本人の共感を得やすい!? 
pattern_1
「これもう、オシャレで楽しいホームパーティーですやん。私がネタを披露して、来てくれた人が楽しんでくれる感じが想像できます」(ゆりやん)
pattern_1
次のページ>>「おでんの匂いがする結婚式がええな〜……」⁇
37 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ