ライフスタイル
ライフスタイルニュース
26.Jan.2021

福田萌子「想像力をフル活用すれば、日常のすべてが自分を耕す栄養になる」

4つのSTEPでおうち時間を耕すアイデア

たとえ行動が制限されていても、ちょっと意識を切り替えるだけで退屈な毎日がグッと“おいしく”なる。新たな知識をインプットしたり、予定調和の日常に変化を与えたり、そこで得た刺激をシェアして化学反応を起こしてみたり……。

クリエイティブな人生をプロデュースする達人たちから、自分を、そしておうち時間を耕すアイデアを集めました。今回は「バチェロレッテ・ジャパン」で主役を務めた福田萌子さんにお話を伺います。

内面の美しさで数々の男性からリスペクトを集める福田萌子さん。どうしてそんなにステキなんですか?

pattern_1
ケープドレス¥85000/ラ・クチュール、イヤリング¥42600/デニファー・ベア(ラ・クチュール トーヨーキッチンスタイル)

モデル/スポーツトラベラー 福田萌子さん

1987年6月26日生まれ。沖縄県出身。中学生の頃からモデル活動をスタート。現在はスポーツトラベラーや女優としても活躍。AmazonPrime Videoで放送された「バチェロレッテ・ジャパン」では男性陣を相手に金言を連発。聡明な一面と人間力の高さで同性の視聴者をも魅了して羨望の的になっている。

「美貌とかお金ではなく好奇心が女性を輝かせるんです」

恋愛リアリティ番組「バチェロレッテ・ジャパン」で主役を務めた福田萌子さん。年齢も職種もバラバラな17人の男性参加者からリスペクトされたのは、20代の頃から貪欲に教養を深めてきたから。

「幼少期からピアノ、水泳、殺陣、華道などたくさんの習い事をしたり、10種類以上のスポーツを楽しんだりと好奇心旺盛に見分を広めてきました。だからこそユニークな方たちそれぞれに合わせたお話が出来たのかなと。

20代は仕事が思い通りにいかなくて悩んだことが多かったけれど、『学びたい』という気持ちを絶やさず行動したことが、ようやく身を結んだのだと思います」

海外に行けない状況になり、なおかつ多忙な日々の中でも、〝自由研究〟を継続中。

「私は朝の時間をインプットに費やすことが多いです。英語やイタリア語を勉強したり、ふと思い立って大仏の歴史を掘り下げてみたり(笑)。それが何につながるのか分からないけれど、知らなかったことを知るのってすごく楽しいですよね」

行動範囲が制限されても、お金がなくても、意外と自分次第で〝豊かな感性〟を磨くことはできる。

「ランニングコースを変えたり、道端に咲く花に目を向けるだけでも、自分をワクワクさせる好奇心の種が見つかりますよね。人との会話も、しっかり相手の話に耳と意識を傾ければ、自分の視野が広がるような考え方に気づけるかも。想像力をフル活用すれば、日常のすべてが自分を耕す栄養になると思います」
 
26 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ