ライフスタイル
佐々木希連載 ♯希んちの暮らし
29.Apr.2020

おうち時間に!佐々木希と教わる「キッチン整理と掃除のちょっとしたテク」

今すぐ実践! 女優・佐々木希とともに『キッチン整理と掃除のちょっとしたテク』を学ぶ

おうちで過ごす時間が増えたGW。丁寧な暮らしを考えてみるタイミングかもしれません。出かけられなくて残念…と塞ぎこむのではなく、これは身の回りの整理をする大チャンス!とポジティブに捉えてみませんか? 今回は、以前#希んちの暮らし連載で掲載した料理家・坂井より子さんに教わる「キッチン整理と掃除の仕方」を再度クローズアップしてみます。
pattern_1
掃除、片付け、整理整頓。もちろん毎日していること。だけれど、自分のやり方やルールを改めて〝見直す〞ということは、なかなか出来ません。主婦歴40年の頼れる大先輩、料理家・坂井より子さんのご自宅に伺い、そのご自宅の清々しい空気感に触れ、改めて日々の暮らしを見直すことが出来ました。

料理家・坂井より子さん

pattern_1
自宅で料理教室を主宰。主婦歴40年の経験を生かし、家庭料理の伝授に暮らしの知恵を交えた語りが、さまざまな世代の女性から好評を博す。著書に「受け継ぐ暮らし~より子式・四季を愉しむ家しごと」、「暮らしをつむぐ~より子式・日々の重ねかた」(技術評論社)。

家事はちょっとした準備をしておくことが、楽に繋がる

佐々木希:ご自宅に伺って驚いたことは、家の中がとても綺麗だということです。ただ綺麗というより、清々しい雰囲気で気持ちがいい。きちんと生活していらっしゃることが伝わってきます。

坂井さん:いえいえ、古い人間なだけ。昔の人は普通にやっていたことだと思います。

希:そんなことないです! 冷蔵庫の中もきちんと整頓されていて、憧れます。

坂井さん:うちは3世帯同居でみんなでご飯を食べるので、夕方から夜ご飯の準備で大忙し。なので、日ごろからある程度下ごしらえして保存しておくことで、ご飯づくりがとても楽になるんです。野菜を毎食洗って水切りして……というより、買ってきて、しまう時に、まとめて洗って水切りしておけば、サラダを作る時にそのまま野菜を使うことが出来てとても楽。大したことをしているわけではなく、日々の生活の中で少しずつ手をかけて準備しておくことで、暮らしやすくなるなら、その方がいいと思いません?

希:そう思います。野菜の保存は試行錯誤していたので、すぐ真似してみます。2、3階に住んでいるお孫さんがよく訪ねてくるというのに、この綺麗さはすごい。整頓はどう教えていらっしゃるんですか?

坂井さん:我が家はローテーブルですが、“床に物は置かない”というルールを決めています。ちょっとよけておこうとか、とりあえず置いておこう、という感じで床に一時的に置くことはしません。それを一度許すと習慣になってしまうし、結局は一時的じゃなく溜まっていってしまう。それは我が子を育てる時も同じルールだったので、受け継がれています。

希:たしかに、ちょっとよけておくとどんどん溜まりますよね。何事も、“後で”と思わずに、“その時”にやることを大事。耳が痛い……(笑)。掃除も、気付いた時にささっとされていますか?

坂井さん:そうです。気付いた時にほうきではいたり、雑巾で拭いたり。だって、溜め込むと大掃除しなくちゃいけなくなるでしょう? 大掃除するのって気が滅入るから、ちょこちょこ気付いた時にやるほうが私は楽なのよ。

希:ちょっとした心がけで楽になりますよね。習慣にできるようにしたいなぁ。
レタスなどの葉ものは、買ってきたらすぐに洗い、 よく水気を切った後に、キッチンペーパーでくるんで容器に保存。「シャキシャキのまま保存できる上に、食べたい時にすぐに食べられます」とより子さん。
次のページ>>希が発見したテクを紹介
60 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ