ライフスタイル
佐々木希連載 ♯希んちの暮らし
08.Mar.2018

佐々木希×覚えておきたい最新の洗濯表示BEST 5「洗濯の基本を学ぶ」【第十二回】#希んちの暮らし

佐々木希の人気連載、今回は「洗濯の基本を学ぶ」です

#希んちの暮らし第四回目は、お洗濯のアレコレをフレディ レック・ウォッシュサロン トーキョー プロデューサーの松延友記さんにお伺いしました。意外と知らない洗濯表示の見方や覚えておくと便利なシミの落とし方など、家事が少し楽しくなるワザを学びます。
pattern_1

フレディ レック・ウォッシュ サロントーキョー

ドイツ・ベルリン発のフレディ レック・ウォッシュサロン。ランドリーとカフェが併設されている。東京都目黒区中央町1-3-13 ☎03-6412-8671 営業時間・コインランドリー24h、その他サービスは9:00~21:00。

洗濯は日々のこと。 基本を覚えると 生活が豊かになります

佐々木希:初めまして。今日は洗濯についていろいろお勉強させてください!
松延さん:洗濯は毎日のことですが、意外と基本を知らずに行っている方が多いんです。まず、何より大切なのが洗濯表示をチェックすること。家庭で洗えるか、手洗いか、ドライクリーニングなのか等々、その服の洗い方の情報を確認します。

希:洗濯表示、確認していなかった……。なんとなく、感覚で洗ってしまっていました。

松延さん: 2016年より洗濯表示が変更になったので見覚えがないという人も多いと思います。マークには様々な種類がありますが、基本は桶マークの「洗い」と四角に縦線、横線、丸を組み合わせた「乾燥」を押さえておけば安心なのでぜひ見てみてください。
希:一見複雑そうですが、ポイントさえ押さえれば意外とわかりやすい。今日からきちんとチェックしてみます!

希:洗剤の種類がたくさんあるので、何を使えばいいのかいつも迷ってしまうんです。

松延さん:普段の汚れを落とすには、 弱アルカリ性の一般的な粉末か液体の洗剤がおすすめです。洗浄力は粉末の方があるんですが、溶けにくいのが難点。そしておしゃれ着やデリケート素材などは中性洗剤がおすすめです。
松延さん:また、みなさんが勘違いしやすいのが洗剤の量。たくさん入れるほど汚れが落ちると思いがちですが、それは間違い。柔軟剤も同じです。洗剤が溶けきらずに繊維に残ってしまい、傷みの原因になります。水の量に合わせた適量をこころがけてください。
38 件

キーワード

あなたへのおすすめ