ライフスタイル
佐々木希連載 ♯希んちの暮らし
21.May.2018

佐々木希と学ぶ「夏の食養生レシピ」【第十七回】#希んちの暮らし

料理家・春井春乃さんに夏の食養生レシピを学ぶ

今回教わったのは、中医学の知恵である、季節に沿った食材でカラダを整える食養生レシピ。自分のカラダに必要な食べ物をおいしく頂き、健康を保つ。体調を崩しがちな夏にぴったりなレシピをご紹介。
pattern_1

料理家/マルサラ飲食店・春井春乃さん

グラフィックデザイン会社勤務を経て、好きな料理を仕事にしようと転職し、レストランやワインバーで経験を積み独立。マルサラ飲食店では、お酒に合う、美味しくてカラダにいいものが食べられる。ケータリングも行う。

夏にぴったりな、美味しくてカラダに いいもの作りました♥

春井さん:今日は食養生レシピをご紹介します。"食養生"と聞くと身構えてしまう人も多いんですが、あまり難しく考えずに、季節の食材を取り入れることから始めてみましょう。

希:食生活アドバイザーの資格をとったときに、旬のものは栄養価が高いと学んだので、なるべく季節の食材を取り入れることを心がけています。これから暑くなってきますが、夏はなにを食べるのがおすすめですか?

春井さん:夏は暑さから身を守るために、カラダのむくみをとったり、消炎効果のある食材を積極的に食べるのがおすすめ。例えば、むくみを取るウリや、のどの渇きをいやすトマト、熱冷まし効果の高い豆もおすすめですね。他に、好きな食材はありますか?

希:今日食べたスイカや、とうもろこしにきゅうりはよく食べます。あと、ナスとズッキーニ、トマトでラタトゥイユを作ることも多いです。

春井さん:蒸し暑い夏場、カラダにこもった熱を内側から冷ますのにはどれもぴったりな食材ですね。たとえば、トマトは夏バテで滞った気の流れを高めてくれると言われています。夏はカラダが水滞状態になりやすく、バランスが崩れがち。冷え性の人ほどむくむことも多いんです。女性ならそこに生姜をプラスしてカラダの芯は温めると冷え性改善にもいいと思います。

希:生姜を入れるだけなら簡単ですね。今日のトマトスープも酸味があって、さっぱりしていてすごく好き。緑豆がこんなに美味しいとは知りませんでした。簡単なのに、味に奥行きがありますよね!?

春井さん:あさりのだし効果ですね。きび砂糖を使用すると味が丸くなっていいですよ。

今回は夏の旬の食材を使って女性のカラダにいい3品をご紹介

pattern_1

次のページは>>「あさりと緑豆のトマトスープ生姜パクチー風味」

63 件

キーワード

あなたへのおすすめ