ライフスタイル
行動心理士 長谷川ミナの「OLセラピー」
02.Sep.2018

本来の自分を出せない!「八方美人」を克服する方法とは?【OL心理学】

アラサー行動心理士 長谷川ミナの『OLセラピー』第35回目の配信です。

人間関係の悩みはどこに行っても誰にでもある、当たり前のこと。

『OLセラピー』では、よりよいOL生活を楽しんでもらうために、「疲れない心」を育てていく連載です。
pattern_1
Ⓒyukaco tomioka


今回は、「八方美人」にまつわるお悩みについてお届けします!
今回のお悩み

私は物心がついた時から、誰にでもいい顔をしてしまう八方美人です。職場でも八方美人で人と接してしまうため、仕事終わりに一人になると無気力状態になり疲れどっと出ます。どうしたらストレスを溜めずに人と接することができるのでしょうか?また、ありのままの自分を出すにはどうしたらよいのでしょうか?
(25歳・受付・Kさん)

八方美人と言うと、「何にでも同調してしまう人」や「誰に対しても当たり障りなく接する人」のことを指します。それは、みんなに“好かれたい”“嫌われたくない”、などの思いからそのような振る舞いを生じさせてしまうのですが、このような気持ちが強すぎると、他人に対して本当の自分を出せない、誰にでもいい顔を演じてしまうなど、Kさんのように自分を苦しめてしまう要因になります。

この状況が続くと、いつか人と接することが苦痛になり、最悪の場合は出社することが出来ないくらいのストレス過多になりかねません。

ではKさんの今後のためにも、八方美人になってしまう心理を理解し、その対処法について紹介していきます。

次ページ>>八方美人になってしまう原因は?

38 件

キーワード

あなたへのおすすめ