ライフスタイル
行動心理士 長谷川ミナの「OLセラピー」
07.Jan.2018

不機嫌に任せて八つ当たりしてくる上司、どう対処すればよい?【心理学で解決】

pattern_1
Ⓒyukaco tomioka
アラサー行動心理士 長谷川ミナの『OLセラピー』第4回目の配信です。

人間関係の悩みはどこに行っても誰にでもある、当たり前のこと。
『OLセラピー』では、よりよいOL生活を楽しんでもうらうために、「疲れない心」を育てていく連載です。

さてさて、今回ご紹介するのは「不機嫌な上司」への対処法です。

今回のお悩み

・その日の機嫌で言いやすい人にだけ当たる上司がいます。どう対処すればよいかわかりません。
(31歳・社会福祉士・Kさん)

・上司が機嫌の上がり下がりが激しくて、不機嫌だとすごい当たってくる。何がしたいのでしょうか。
(28歳・建設業・Nさん)


このように機嫌が良くないからと言って、毎回当たられる側は苦痛でしかないですよね。

では、そもそも上司さんは、なぜそんなに機嫌が悪くなってしまうのでしょうか。

それは、上司さん自身の“ストレスのケアができていない”からなのです。

友達とお話をしたり、カラオケではしゃいだり、ストレスの発散方法はいくつかありますが、そういう方は普段からストレスの吐き口がなく“感情のコントロールが出来ていない”状態と言えます。

感情をコントロールできないということは、精神的な苦痛を受け取れる器が小さくなっているということ。
なので自分の中で処理ができないと、すぐに感情が表に溢れ出てしまうのです。

冷静に判断できない状態ですから、周りの迷惑など考えられる余裕もないのでしょう……。

また、人に八つ当たりをするということは、弱い自分を見せたくないがゆえ、威嚇して自分の身を守るために、 立場の弱い人を利用してストレスを発散&マウンティングしていると言えます。

逆に言えば、立場の弱い人によって、その人の自尊心が守られているんです。


そんな上司の機嫌に翻弄されてしまっては、こちらがストレスになるだけです。

そんな「機嫌が悪い上司」への対処法はこの3つ!

・あえて察しない

・当たられない人になる

・広い懐を持って見る


あえて察しない

機嫌が悪く八つ当たりしてきたとき、逆にイライラしたり、ビビッてしまうと相手に翻弄されしまうだけ。

相手はあなただから許されるとも思っていますし、“どうしたの?”と察して欲しい気持ちになっているはずです。つまり、あなたに甘えているのです。

とはいえ、こちらも人間です。毎回当たられていたら気持ちが持ちませんよね。
だからこそ、翻弄されない態度を相手に見せましょう。

機嫌が悪いオーラを発してきたり、暴言を吐かれても、何も気づいていないあっけらかんとした対応をしてみましょう。

思い通りの反応をしてくれない態度を見て、不機嫌さんは次の言動に進みづらくなるでしょう。

それ以上の要求や八つ当たりを封じさせることが大事です。


そもそも当たられない人になる

理不尽なことを要求をされたら、しっかりと自分の意見で反論することも大切です。
当たられやすい人には言うことを聞いてしまうという、という特徴があります。

意思や考えをしっかり伝えられる人には逆襲に遭ったら困るし、自尊心を満たしてくれるような“甘え”を受け入れてもらえないと気づくので、八つ当たりしてこないことが多いのです。

理不尽なことに対しては、たとえ上司でも、言われるがままではなく、きちんと自分の意見を言いましょう
ただし、感情的に意見を言うと怒りを誘ってしまうので、あくまでもビジネスライクに!

そうやって徐々に「意志がある子」をインプットさせていけば、次第に八つ当たり対象ではなくなっていくでしょう。


広い懐を持って上司を見てあげる

機嫌によって人に当たることは、すごく自分勝手だし、あり得ない!と思いますが、まずはその人を客観的に見てみて。

普段、ストレスの吐き口がないということは、心の負担が蓄積されているし、“怒る”こともエネルギーを消費するため、日々精神的に疲れ果てているはずなのです。

相談相手や話し相手がおらず、癒される場所もない。
その寂しさを常に誰かに察して欲しくて仕方ないのです。

そんな人生は苦しいですよね。
だからこそ、これは上司自身の“ストレスのケア”の問題です。他者が振り回されることではありません。

ここは、“寂しい人なんだ”という広い懐を持って、
自分はストレスをためない方法に徹することだけ考えていきましょう!

今回の合言葉は「不機嫌さんの甘え相手になるべからず!」です。

ではでは、皆さまのよき日々を願って……♥

また来週!


皆さまの職場でのお悩みを募集しています!
同僚のこんな言動に悩まされている、 こんな状況のときはどうしたらいい? など、ささいなことでも構いませんので教えてください!

▼受付中~!
https://jn.kds.jp/with/6436/

PROFILE
著者:長谷川ミナ
アラサーの行動心理士。日課は瞑想すること。祖母譲りの強い直感で分かるオーラに加え、行動から見える他人の心理を読み取り、皆さまの日常の悩みやモヤモヤを紐解いていきます。
http://profile.ameba.jp/hasegawa37/


写真/アフロ
15 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ