ライフスタイル
簡単!おいしい!神レシピ

「いつものから揚げ」が見違える! “ふっくらジューシー”に仕上がる超簡単ポイントって?

「料理が上手くなりたい」「自己流で料理しているけど……もっと美味しくさせたい!」と思っている人におすすめしたいのが、料理家・作家の樋口直哉さんによる『樋口さん! 定番メニューをおいしく作るコツ 教えてください!』。

本書では樋口さんが、科学的な理論からおなじみのメニューの作り方を研究し、おいしく作る「コツ」を細やかに紹介。すべてのレシピに難易度がついているので、料理の腕が上がるのにあわせて、だんだんとレベルを上げられるようになっています。今回は本書の中から、「ジューシー鶏のから揚げ」をご紹介。いつものから揚げをもっとジューシーにさせるコツって……? ぜひチャレンジしてみて!

ジューシー鶏のから揚げ

pattern_1

\ここがポイント!/

揚げている間に蒸発する水分を酒と水で補っておけばジューシーに。
「三度揚げ」することでも、肉はふっくら、ころもはカリッと仕上がります。


<材料(2人分)>
鶏もも肉 1枚(250~300g)
下味
 にんにくのすりおろし 小さじ1/2
 しょうゆ、酒、水 各大さじ1
 砂糖 小さじ1
 こしょう 少々
パセリ、レモンのくし形切り 各適宜
片栗粉 塩 サラダ油
<作り方>
(1) 鶏肉を下味に漬ける
pattern_1
ボールに下味の材料を混ぜる。鶏肉は3cm四方に切り、下味に加えてさっとからめ、10分ほど漬ける。片栗粉80g、塩小さじ1/2をバットに広げ入れる。

\ここもポイント!/
塩分にはたんぱく質の一部を変化させ、しっとりさせる働きがあるので、しばらく下味に漬け込みます。

(2) 片栗粉をまぶす
pattern_1
鶏肉をよくもみ込み、下味の水分を含ませる。皮を広げて身を包むように丸く形を整え、片栗粉のバットに入れる。全体にしっかりと粉をまぶしつけ、ギュッと握る。

\ここもポイント!/
もみ込んで肉に下味を含ませます。この下味の水分が、揚げたときに蒸発する水分を補ってくれます。


(3) 二度揚げする
pattern_1
直径約20cmのフライパンにサラダ油を高さ約2cmまで入れ、中温(170~180℃)に熱する。鶏肉を入れ、返しながら1分ほど揚げて取り出し、2分ほどおく。再び1分ほど揚げて取り出し、2分ほどおく。

\ここもポイント!/
おいている間にじんわりと熱が入り、逆に内部にあった水分は表面近くに移動してきます。そこで再び揚げると、移動してきた水分が蒸発し、ころもがカリッとします。


(4) 最後に強火で揚げる
pattern_1
パセリを油に入れてさっと揚げ、油をきる。強火にして再び鶏肉を入れ、返しながらカリッとするまで10~20秒揚げる。油をきって器に盛り、パセリ、レモンを添える。

【著者プロフィール】

樋口直哉(ひぐちなおや)さん

料理家・作家。1981年東京都生まれ。服部栄養専門学校卒業後、料理教室助手、フレンチレストラン勤務を経て、料理研究家に。科学的な考え方から、料理の「当たり前」を深掘りし、おいしさを最大限に引き出すレシピを紹介している。作家としても活躍し、2005年『さよなら アメリカ』(講談社)で第48回群像新人文学賞を受賞。

【今回紹介した書籍】

『樋口さん! 定番メニューを おいしく作るコツ 教えてください!』

pattern_1

樋口直哉 /オレンジページ

料理をおいしく作るには、それぞれのメニューに「コツ」がある! なぜ、そうするとおいしくなるのか、どうしてそうするのかという理由を知れば、他の料理にも応用できるようになり、自然とレパートリーが広がっていきます。本書では料理家の樋口直哉さんが、科学的な理論から、おなじみのメニューの作り方を研究し、おいしく作る「コツ」を細やかに紹介。

目玉焼き、スクランブルドエッグなどの卵のシンプルメニューから定番パスタ、ジューシー鶏のから揚げ、焼き餃子などのおかずおつまみ、そしてハンバーグなどの定番おかずなど……。知っておきたい基本のメニューが盛りだくさん!
 
27 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ