ライフスタイル
簡単!おいしい!神レシピ
01.Apr.2020

夕食にもおすすめのやせるスープの簡単レシピ10!「主食スープ」でおいしくダイエット!【カロリー表記付き】

隠し味のヨーグルトでまろやかな風味に

[3]トマトカレースープ(257kcal)

鶏むね肉は、皮を取り除くことでカロリーダウン。じゃがいもはスライス後、水にさらさずに投入することで、スープにとろみがつく。
pattern_1

●材料(2人分)●

鶏むね肉 ........................ 1/2枚
ブロッコリー .................. 1/2株
じゃがいも ........................ 1個

【A】
・玉ねぎ(粗みじん切り) ... 大1/4個分
・しょうが(みじん切り) ... 1片分
・にんにく(みじん切り) ..... 1/2片分

トマト水煮缶(ダイスカット)......................... 1/2カップ

【B】
・プレーンヨーグルト .... 大さじ2~3
・バター .................... 大さじ1
・カレー粉 .......... 小さじ1と1/2
・塩 ................ 小さじ1/2~2/3

サラダ油 ...................... 小さじ2

●作り方●

❶ 鶏肉は皮を取り除き、1.5㎝の角切りにする。ブロッコリーは小房に分け、大きいものは縦半分に切る。じゃがいもは皮をむいて縦半分に切ってから3㎜厚さに切る。

❷ 鍋にサラダ油を熱して【A】を炒め、玉ねぎがしんなりしたらじゃがいもを上にのせ、混ぜずにふたをし、ごく弱火で4~5分蒸し煮にする。

❸ ふたを取って水300mlとトマト水煮缶を加え、煮立ったら鶏肉を加えて混ぜる。鶏肉の色が変わったらブロッコリーと【B】を加え、2分ほど煮る。

●POINT● カレー粉で代謝機能を活発に!

pattern_1
ターメリックやクミンなどカレー粉に入っているスパイスは、交感神経を活発にし、新陳代謝をよくする効果があるものが多い。発汗作用もあるので、体脂肪の燃焼にも役立つ。

炭水化物代わりに豆腐でボリュームアップ!

[4]えびとれんこんの卵スープ(177kcal) 

粗みじん切りにしたれんこんを入れることで、スープにとろみがつき、ほかの具材となじみやすくなる。ひと口食べるごとに、からだがじんわり温まる。
pattern_1

●材料(2人分)●

むきえび ......................... 100g
れんこん ......................... 150g
絹ごし豆腐 ..................... 1/2丁
溶き卵 .......................... 1個分
万能ねぎ ...................... 大さじ3
だし汁 .......................... 400ml
しょうゆ .......................... 少々
塩 .......................... 小さじ1/2

●作り方●

❶ えびは背わたを取り、1㎝幅に切る。れんこんは粗みじん切りにする。万能ねぎは1㎝幅に切る。

❷ 鍋にだし汁を煮立たせ、えびとれんこんを加えて2~3分煮る。塩を加える。

❸ 豆腐をスプーンですくいながら加え、万能ねぎを加えて混ぜる。卵を回し入れ、しょうゆで味を調える。

●POINT● 低カロリー、高タンパク質の豆腐を活用

pattern_1
豆腐は高タンパク質、低糖質というヘルシーな食材。ボリュームの割にカロリーが低いので、炭水化物に置き換えて食べることで、糖質とカロリーを大幅にダウンできる。
次のページ>>疲れを癒してくれるやさしい味わい「ささみと大根の梅とろろ昆布スープ」  
150 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ