ライフスタイル
彼が喜ぶ花嫁レシピ
04.Sep.2019

【おからレシピ】ダイエットにもぴったり! ハンバーグからパンケーキまで、簡単レシピをご紹介♡

「おから」ってご存じですか? おから=健康食材というイメージを持っている人は多いのではないでしょうか。

おからは女性にとって心強い味方になる食材です。本記事では、おからについての基礎知識から、おからを使ったレシピもご紹介! ダイエットや健康の味方になるおからをぜひ知り尽くして♡

目次

1.おからってそもそもなに?

おからって聞いたことも食べたこともあるけど、どんな栄養があるのでしょうか? まずは、おからの基礎的なことから知っていきましょう。
pattern_1

・豆腐をつくる際にできる豆乳を絞った残りかす

豆腐をつくるとき、すり潰した大豆を絞って豆乳をつくりますが、そのときの残りかすをおからといいます。
おからは、古くから日本人の食卓に親しまれてきました。

・おからの栄養って?

おからは豆乳の残りかすですが、食物繊維やカルシウムを豊富に含んでいます。タンパク質やカリウム、炭水化物も富んでいるため、ヘルシーな食材としてかなり注目されてきています。

食物繊維の量は、おから100g中に11.5g。これはごぼうの約2倍なんです! おからの食物繊維は「セルロース」といって、水に溶けないタイプのもの。セルロースには腸のぜん動運動を促す効果があり、便秘の解消につながります。

また、大豆の炭水化物に含まれるオリゴ糖は腸内の善玉菌のエサになってくれるため、腸内の健康に大きく貢献してくれるのです。

そしておからの一番の魅力は、ローカロリーで安価であるということです。おかずに使うだけでなく、クッキーやケーキなどのお菓子にも幅広く使えますよ!
出典:日本豆腐協会 豆腐の健康効果(http://www.tofu-as.com/health/01effect/02.html
次のページ>>「2.【おからレシピ】ハンバーグ、ナゲットなど、簡単おかず系レシピ」
48 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ