ライフスタイル
彼が喜ぶ花嫁レシピ
11.Feb.2018

バレンタインレシピ特集♡簡単【チョコ以外】のおすすめレシピ!デコレーションカップケーキ編

料理研究家、荻田尚子さんの新刊『何度も作りたくなる お菓子の基本』からバレンタインデーにぴったりなお菓子レシピをご紹介。第2回はフロスティングクリームを使ったデコレーションカップケーキ。専門店にも負けないカラフルなデコレーションを楽しんで。
pattern_1

Vol.2 デコレーションカップケーキ

♢ 材料
直径7 ㎝のマフィン型6 個分

〈生地〉
バター ……… 60 g
砂糖 ……… 70 g
塩 ……… 少々( 1 g )
卵 ……… 1個
薄力粉 ……… 120 g
ベーキングパウダー ……… 大さじ1/2
牛乳 ……… 50㎖
〈基本のフロスティング〉
クリームチーズ ……… 100 g
バター ……… 30 g
粉砂糖 ……… 20 g
〈マンゴーフロスティング〉
クリームチーズ ……… 100 g
バター ……… 30 g
粉砂糖 ……… 20 g
マンゴーピューレ ……… 30 g
〈ラズベリーフロスティング〉
クリームチーズ ……… 100 g
バター ……… 30 g
粉砂糖 ……… 20 g
ラズベリーピューレ ……… 30 g
〈仕上げ〉
デコレーションシュガー ……… 適量

♢ 下準備
・ 薄力粉とベーキングパウダーは合わせてふ
るう。
・ 生地のバターは耐熱容器に入れ、湯せん
( 50 〜60 ℃)で溶かす(溶かしバター)。
・ 卵と牛乳は室温に戻す。
・ 絞り出し袋に10㎜の星口金をつけてセッ
トする。
・ 型に紙ケースを1枚ずつ入れる。
・ オーブンは180 ℃に予熱する。

♢ 作り方
1 粉類、砂糖、塩を混ぜる
生地を作る。ボウルにふるった粉類、砂糖、塩を入れて泡立て器で混ぜる(混ざればよい)
2 中央をあける
ボウルの中央の粉をゴムべらでよけて穴を作る。
3 卵と牛乳を混ぜる
卵と牛乳を容器に入れ、フォークで混ぜ合わせる。
4 粉と卵牛乳液を混ぜる
2の穴に3を加え、泡立て器で中心から粉をくずしながら混ぜ合わせる。
5 溶かしバターを加える
4に溶かしバターを加える。
6 混ぜる
泡立て器でぐるぐる混ぜる。
pattern_1
7 型に入れて焼く
オーブンで焼く。型に6をスプーンで等分に入れ、180℃のオーブンで25〜30分焼く。
8 型からはずす
紙ケースごと型からはずす。
9 冷ます
網にのせて冷ます。

♢ フロスティングの作り方
1 基本のフロスティングを作る
クリームチーズとバターは室温に戻してボウルに入れ、ふるった粉砂糖を加えてゴムべらでよく混ぜ合わせる。
2 マンゴーフロスティングを作る
クリームチーズとバターは室温に戻してボウルに入れ、ふるった粉砂糖を加えてゴムべらでよく混ぜ合わせる。マンゴーピューレを2〜3回に分けて加え、混ぜ合わせる。
3  ラズベリーフロスティングを作る
クリームチーズとバターは室温に戻してボウルに入れ、ふるった粉砂糖を加えてゴムべらでよく混ぜ合わせる。ラズベリーピューレを2 〜3回に分けて加え、混ぜ合わせる。


pattern_1
4 仕上げ(マンゴー)
星口金をつけた絞り出し袋にそれぞれのフロスティングを入れ、ケーキの上に小さくすき間なく絞り出して表面を覆う。
POINT
* 押しつけるように絞るのではなく、クリームを置いていく感じで絞る。
  仕上げ(ラズベリー)
それぞれのフロスティングをケーキの上にひとすくいのせ、スプーンの背でなでるようにして模様をつける。好みでデコレーションシュガーをふる。
pattern_1
完成!
デコレーションをせずに、カップケーキだけでもとてもおいしい! その場合、焼きたての温かい状態でもおいしいけれど、翌日からは生地がなじんでしっとり感が増すので、これもまたおいしいです。デコレーションはクリームチーズなので、翌日でもいただけますが、当日のほうがおすすめ。
pattern_1
荻田尚子(おぎた・ひさこ)
 
1969年生まれ。東京・武蔵野市在住。大学卒業後、エコール 辻 東京(旧エコール・キュリネール国立辻製菓専門カレッジ)で学ぶ。東京・青山のフランス菓子店「シャンドン」に2年間勤務ののち、料理研究家・石原洋子氏のアシスタントに。現在は雑誌やテレビなどで幅広く活躍中。初心者でも失敗なく作れるケーキのレシピに定評がある。著書に『キューブ型のお菓子とパン ILOVE CUBE』『魔法のケーキ』『魔法のケーキplus』(以上、主婦と生活社)など多数。

専門店にも負けない、オリジナルのカップケーキを手作り

専門店も登場するほど、最近人気のカップケーキ。基本のカップケーキの作り方をマスターすれば、デコレーションは意外と簡単! センスを発揮して、プロにも負けないデコレーションカップを作ってみて。、『何度も作りたくなる お菓子の基本』には、丁寧なプロセス写真を掲載しているので、気になる人はぜひ本もチェックしてみてください。 
16 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ