ライフスタイル
簡単!おいしい!神レシピ
24.Sep.2019

餃子レシピ保存版!簡単で本格的♡大人気変り種餃子もご紹介

餃子は家庭料理の定番メニューですが、アレンジ次第でいろいろな食べ方を楽しめる料理。焼いたり、蒸したり、スープにしたり、自由自在なのが餃子の魅力です。ここでは、基本の餃子の作り方、餃子の包み方の種類、餃子をおいしく焼くコツ、余った餃子の保存方法、変わり種餃子の作り方、餃子の皮やネタが余ったときの活用方法をご紹介します。

目次

1.みんな大好き! 白菜を使った基本の餃子レシピ

pattern_1
まずは、基本的な餃子レシピから。
これをマスターしておけば、いろいろなアレンジが楽しめます!
pattern_1
【材料(20個分)】

餃子の皮 20枚
豚ひき肉 100g
白菜(みじん切り) 大1枚分
長ねぎ(みじん切り) 5㎝分
ニラ(みじん切り) 1/2束分
にんにく(すりおろし) 1片
サラダ油 適量
<A>
砂糖 小さじ2
水 小さじ2
片栗粉 小さじ2
ごま油 小さじ2
醤油 小さじ2
<B>
水 120㏄
小麦粉 大さじ1と1/2
ごま油 大さじ2
【作り方】

1. 白菜は水でさっと洗い、水気がついたまま500Wの電子レンジで1分程度加熱する。粗熱がとれたらみじん切りにして、冷ます。水気は絞らないように!
2.ボウルにひき肉と野菜と<A>を入れ、よく混ぜておく。
3. 餃子の皮に2をのせ、包んでいく。小麦粉を溶かした水(分量外)を指先につけ、皮のふちに塗ってしっかりと閉じる。多く入れすぎるとはみ出るので、小さめのスプーン1杯程度で、皮が閉じるように調整しながら包む。
4. サラダ油を引いたフライパンに端から円形に並べていき、中火できつね色の焼き目がつくまで5分程度焼く。
5.<B>をふちから回し入れて蓋をし、6~7分程度蒸し焼きにする。
6. 蓋を取りフライパンのふちからごま油を回しかけて、水分を飛ばしていく。ゆすってみて餃子がまとまって動くようになればOK。
7. 平らなお皿にひっくり返すようにして盛りつけたら完成。
写真/黒坂明美(STUH) 料理監修・フードスタイリスト/山崎由貴
次のページ>>2.ニラやにんにくなし、大葉やネギ、玉ねぎを使った変わり種餃子レシピ  
54 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ