編集部|ライフスタイル

ビールにも白飯にも最高!【和風タルタルソースで楽しむあじフライ献立】arikoさんレシピ大公開

ビールにも白飯にも最高!【和風タルタルソースで楽しむあじフライ献立】arikoさんレシピ大公開

4月28日に発売となった『2品で満足 arikoの家和食』。美味しいものを発信するInstagramが絶大な人気を誇り、いまやフォロワーは19万人超というarikoさんの初めての和食本です。「今夜のごはんは何を作ろう?」と悩んだときのヒントに、2品でしっかり満足できる主菜+副菜の献立を提案しています。毎日でも食べ飽きない肉と魚がメインのおかず、四季折々の素材を楽しむおかず、もう1品あると嬉しい野菜の副菜などなど、食卓に登場させたいメニューが満載です。

今回はその中から、これから旬を迎えるあじを使い、サクッと揚げたフライの献立を紹介します。「揚げものって面倒……」と思っている方にもぜひ試してほしい、お手軽なフライレシピです。きんぴらはお酢をきかせたさっぱりとした味わいで、暑い日にビールと合わせたら最高な献立です!

揚げものはもう面倒じゃない! バッター液を使えば揚げものはもっと手軽に

【あじフライ】×【ごぼうとにんじんのきんぴら】献立

あじフライ
材料(2人分)
あじ(3枚におろしたもの)…3尾分
塩…少々
<バッター液>
|薄力粉…大さじ3
|卵…1個
|牛乳…大さじ2
パン粉…適量
揚げ油…適量
キャベツ…適量
レモン(くし形切り)…適量
青じそ…適量
<柴漬けタルタル>
|マヨネーズ…大さじ3
|牛乳…小さじ2
|柴漬け(粗みじん切り)…大さじ2
|玉ねぎ(みじん切り)…大さじ1
|ゆで卵(粗みじん切り)…1個分

作り方
①あじはぜいごを削ぎ落とし、身の中央にある小骨を毛抜きで取り除く。身側に塩をふって10分ほどおき、水けが出たらキッチンペーパーで軽く押さえる。柴漬けタルタルの材料はすべて混ぜ合わせる。キャベツはせん切りにする。
②バッター液を作る。小さなボウルに卵を溶きほぐし、薄力粉と牛乳を加えてだまがなくなるまでよく混ぜる。
③あじは②のボウルに入れてバッター液をからめ、パン粉を両面にまぶしてから手が軽く押さえる。
④鍋に揚げ油を入れて170℃に熱し、あじを入れてひっくり返しながら表面がきつね色になるまで3分ほど揚げる。
⑤器にあじとキャベツを盛り、青じそ、レモン、柴漬けタルタルを添える。


ごぼうとにんじんのきんぴら
材料(2人分)
ごぼう…1本(200g)
にんじん…1/2本(50g)
赤唐辛子(輪切り)…小さじ1
A
|しょうゆ…大さじ2
|みりん…大さじ1
|砂糖…大さじ1
ごま油…大さじ1
酢…小さじ2
煎りごま…小さじ1~2

作り方
①ごぼうは皮をこそぎ落し、2㎜厚さの斜め切りにしてから2~3㎜幅の棒切りにして、水にさらして水けを切る。にんじんは皮をむき、2㎜厚さの斜め切りにしてから2~3㎜幅の棒切りにする。
②フライパンにごま油を入れて中火にかけ、ごぼうとにんじんを入れて2分ほど炒める。赤唐辛子とAを加え、汁けを飛ばすように2~3分炒め、酢を回しかけて炒め合わせる。ごまを加えてひと混ぜして、器に盛る。
pattern_1

柴漬けの風味を生かしたタルタルで、白いご飯に相性抜群!

小麦粉をはたいて卵液をからめて……と衣付けが面倒な印象のフライですが、バッター液を使えば簡単! バッター液にくぐらせてパン粉をまぶすだけという2ステップでOKです。サクッと揚がった熱々を頬張れば、ふっくらジューシーなあじの味わいが口いっぱいに広がります。これから夏にかけて旬を迎える、脂がのったあじで楽しみたい! そして柴漬けを使い、発酵食品ならではの旨みと風味をプラスしたタルタルソースでいただけば、白いご飯に相性抜群。柴漬けの代わりにらっきょう漬けやたくあんを使っても美味しい和風タルタルになります。

きんぴらの仕上げに、お酢少々を加えて味に深みを出すのがarikoさんの技。ここではいつもより多めのお酢を入れることで、さっぱりとした夏仕様のきんぴらにしています。ごぼうとにんじんのシャキッとした食感がよく、煎りごまで香ばしい風味を添えた一品は食欲をそそります。
次のページ>>作り置きしたいふりかけは、だしパックが味の決め手
26 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ