編集部|ライフスタイル

インスタでよく見かける!美容系資格「日本化粧品検定」に合格するには?

こんにちは、With labエディターのMiharuです。

みなさん、「日本化粧品検定」はご存じでしょうか?

私がこの資格を知ったきっかけは、Instagramです。美容系インスタグラマーのプロフィールによくみかける「日本化粧品検定」の文字。

今回は、日本化粧品検定1・2・3級全て一発合格することができた経験をもとに、日本化粧品検定ってそもそもどんな検定なのか?

そして、毎年11月に試験が行われる「日本化粧品検定」を目指す方にどんな勉強方法がいいのかをご紹介いたします!

日本化粧品検定ってどんな資格?

日本化粧品検定とは、文部科学省が後援する化粧品・美容に関する知識の向上と普及を目指した検定です。

美容皮膚科学、化粧品の基礎知識、法律など各分野の専門家40名以上に監修された内容に基づき、体系的に専門的な化粧品や美容の知識を学ぶことができます!

試験は、専用のテキストの内容から出題されますが、
基本的な体の構造から化粧品の成分表、化粧品の表記法など、専門的な知識が幅広く詰まっています。

私が、化粧品の勉強をはじめて感じたことは、エステや百貨店などで美容部員の方から化粧品の説明を受けて、なんとなく頷いてものが、なぜこれが勧められているのかの理由が納得できるようになりました。
スーパーでスキンケア製品を買う時も、自分は乾燥肌だからエモリエント効果の高いものを選ぼう・・・など、すこし美容に対する意識があがるきっかけにもなります!
pattern_1

化粧品検定に合格するには?

化粧品検定は、WEBで何度も受けることが可能な3級と、基本的な知識を求められる2級、専門的な知識を求められる1級の3段階難易度が設けられています。

2級から1級は難易度がぐっとあがり、法律的な知識や医学的な知識も範囲に入ってくるため難しい印象です。

■まずは、難易度の低い級から勉強しよう!

まずは土台を固めることをお勧めします。最初に専門的な知識を詰め込もうとすると完全に暗記になり、量の多さから辛くなります。そんな中、2級の内容は、基本的な体の構造や「なぜ?」の部分が詳しく説明されているため、ストーリー仕立てで勉強すると頭に入りやすいです!

また、1級は半分くらい2級の内容が出題されるため、勉強範囲としては必須になります!

■対策テキストを中心にとにかく何周もする!

勉強方法としては、私は、まずは専用の対策テキストを2~3周しました。
特に私は美容系の勉強をこれまでしたことがなかったため、1周目は、正直何が書いてあるのかが分かりませんでした……。しかし、書いてあることは自分自身に関係のある体の仕組みだったり、肌や髪、歯などについて勉強することができるので、だんだんと自分事化することで、2~3周目からは理解が進むようになりました。

テキストを2~3周した後は、専用の問題集をひたすら解いていきます
問題集も間違ったところは基本対策テキストに戻って確認することで、対策テキストを中心に苦手な項目を潰すことができます!

問題集も、間違う問題がなくなるまで繰り返します

■美容知識に自信がない人は3ヵ月間(1日1時間)は勉強時間を確保しよう!

ここまでで、大体2級が終わるまで毎日1時間勉強時間を取って1ヵ月ほど、1級は同様に勉強して約2ヵ月ほど。
トータルで3ヵ月ほどかかるので、最低でも試験の3ヵ月前から勉強を始めることをオススメいたします。

もし、これから受けてみよう!という方がいらっしゃいましたら是非参考にしてみてください。
pattern_1
 
10 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ