withonlineロゴ
おのののかの“なりたい自分“の作り方

【おのののかさんが常備している手作り調味料】お料理がラクにおいしくなる秘密の調味料とは?

暮らし

発酵ショウガの作り方をご紹介

材料はショウガだけ!

pattern_1
用意するものは、ショウガとガラス製の容器です。

ショウガは皮ごと使うので、水でキレイに洗って水分をしっかり拭き取ってくださいね。そして容器ですが、長期保存をするので臭い移りしないガラス製のものがおすすめ。容器はあらかじめ煮沸消毒をして、自然乾燥させたものを使ってください。殺菌がしっかりできてないと、発酵する前にカビが生えてしまったりするので要注意です!

今回用意したのは500ml入る容器なんですが、このサイズだとショウガは6袋ほど必要です。量が多いように思えますが、長期的に保存ができるため、多めに作っておくと便利ですよ。
 

すりおろし器やミキサーでひたすらショウガを細かく!

pattern_1
作り方はとっても簡単。ショウガを皮のままひたすら細かくするだけです(笑)。全部すりおろし器ですりおろしてもいいのですが、6袋分(約600g)も手ですりおろすとなると大変なので、私はミキサーを使っています。ミキサーをお持ちでない方は、容器を小さくしてすりおろす量を減らしてもいいと思います。
pattern_1
でも実は、ミキサーを使っても意外に大変で地味な作業です……。ミキサーにかける前に包丁で一口大に切ってから粉砕しますが、ショウガは繊維が多いので、一度にたくさんの量を入れるとミキサーが止まっちゃったりすることも。約1袋分ずつ、少量ずつ入れるのがポイントです。水分量が少なくてミキサーが動きづらいため、数秒動かしたら菜箸やスプーンで混ぜる。この作業を何回か繰り返します。

私はあまり細かくせず、粗みじん切りくらいになったらOKとしています。すりおろさず、千切りショウガで作る人もいるようです。チューブショウガのようにしっかり細かくしたい人は、すりおろし器を使ってみてください。

最近発見した便利アイテム

pattern_1
最近、ミキサーよりも発酵ショウガ作りにぴったりなキッチンツールを発見したんです。それは、『ニトリ』の『引っ張り式みじん切り器』(814 円)

歯が四方八方に向いていて、紐を引っ張るだけで細かいみじん切りが簡単にできちゃいます。
手動だけどすりおろし器のように手が疲れないし、ミキサーのように空回りしちゃうことがないので、発酵ショウガを作るときに本当におすすめ! ちょっとでもラクして作りたいって人は、試してみてくださいね。
次のページ>>作るときのポイントは?
44 件
カテゴリーの記事一覧

SHARE

AUTHORS