編集部|ライフスタイル
18.May.2018

夏休みは日本一の秘湯でリフレッシュ♡ 写真映えも叶う癒しの東北女子旅

もうそろそろ会社に夏休みをいつとるか申請しないとなんて考えだす時期ですよね。

今年は暑くなるのが早く猛暑の予報。人ごみからも暑さからも遠ざかってゆっくりしたいという方におすすめしたいのが東北への旅行。
新緑が綺麗なこの季節に少し早めの夏休みをとってみてはいかがでしょう。5月でもまだ雪が残る東北への避暑旅行は本当におすすめです♡

今回は日本一の秘湯、秋田県乳頭温泉郷「鶴の湯」について紹介したいと思います^^

乳頭温泉人気ナンバーワンの鶴の湯温泉とは?

乳頭山の麓にある乳頭温泉郷のうちの一軒で、温泉郷のなかでも最も古く、一番人気の温泉です。
泉質・効能の異なる4本の源泉(白湯、黒湯、中の湯、滝の湯)を持ち、いずれも自噴しています。“源泉かけ流し”というだけで稀少なので、自噴泉となれば、日本の温泉施設全体の1%にも満たない極めて珍しい存在だそうです。

手ぶらでOK!安くて気軽な美肌の湯を堪能

でこぼこの山道を車でしばらく下ったとこにある鶴の湯。
いかにも秘湯な雰囲気を醸し出す建物で期待も高まります♡
pattern_1

入浴料
600円

泉質
含硫黄・ナトリウム・カルシウム塩化物、炭酸水素泉、他3種

効能
高血圧症、動脈硬化症、リウマチ、皮膚病、糖尿病他

立寄り湯
10:00~15:00
※日帰り入浴は月曜日露天風呂不可


日帰り入浴は600円と普通の銭湯と変わらない値段ではいれちゃいます!
ミニタオル200円バスタオル1100円での販売もあるので手ぶらでも大丈夫です!

ただの白タオルじゃなくて名前入りなので記念になって嬉しいですよね♡

pattern_1
入れるお風呂は露天1、内風呂3、混浴露天1の計5つあって、4種類の泉質の異なる源泉があります。

・白湯(美人の湯。別名冷えの湯)
含硫黄ナトリウム・カルシウム塩化物・炭酸水素泉(硫化水素型)

・滝の湯(打たせ湯)
含硫黄ナトリウム塩化物・炭酸水素泉

・黒湯(ぬぐだまりの湯・子宝の湯)
ナトリウム塩化物・炭酸水素泉

・中の湯(眼っこの湯)
含重曹・食塩硫化水素泉

・混浴露天風呂
源泉は白湯

一見全部同じに見えますが効能や肌触りなどは全然違います。


混浴は抵抗がある方も多いと思いますが、タオル巻可で白濁のお湯なので入ってしまえばあまり気にならなさそうです。
女性もたくさんの方が楽しんでいました!


お風呂の写真は公式HPをのぞいてみてください^ ^

ボリューム満点!体に優しい鍋ランチ

温泉から上がったら冷たく冷やされたご当地ビールやソフトドリンクで一息。
pattern_1
そして鶴の湯に来たら絶対に食べてほしいのが名物 山の芋鍋!
日帰り入浴の方でも食べられるランチもやっていて、11時30分から13時までフロント事務所にて受付をしています。
山の芋鍋定食の他に山菜丼や各種麺類なども。

食事場所は2号館または川沿いのテーブルを選ぶことが出来ます。
天気のいい日は川べりで食べるのが気持ちよくてお勧めです!
pattern_1
33 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ