編集部|ライフスタイル
16.Oct.2018

秋おすすめレシピ!簡単「にんじんごはん」【#with girlsブログピック】

全国3000人以上が在籍しているwith girls。彼女たちのブログには、お仕事ガールのリアルな日常や知っておきたい最新情報が詰まっています♥ 毎日続々とアップされるブログの中から、編集部が気になったものをピックアップする【#with girlsブログピック】。

本日は、with girls レギュラーメンバー あすかさんのブログをピックアップ!
pattern_3
with girls レギュラーメンバー あすかさん

【秋おすすめレシピ】にんじんごはん

寒くなるこれからの季節♪ 栄養たっぷり「にんじんごはん」のおすすめレシピをご紹介します。ポイントは、3種類の出汁をしっかりとることです。

幼い頃から祖母が作ってくれたレシピを教わり、大人になって自分で作るようになりました。祖母直伝、「にんじんごはん」を是非参考にしていただけると嬉しいです!

ちなみに、炊き込みご飯、かやくご飯、味ご飯のことを、祖母や母の生まれ育った、愛知県の三河地方では「にんじんごはん」と呼ぶとのことです。
pattern_1

出汁の取り方

【出汁の材料】
・にぼし20g
・昆布 細めのもの3本
・乾燥椎茸 20g(具として入れるしいたけの戻し汁を使います)

☆三大うま味成分☆
昆布に含まれているグルタミン酸、煮干しに含まれているイノシン酸、干ししいたけに含まれているグアニル酸は三大うま味成分とのことです。うま味はひとつでもあるといい味が出ますが、かけあわせることで味に奥行きが出るということを祖母から教わりました。
1.水で乾燥椎茸(20g)を戻す
 ふつうの椎茸・・・40分
 冬菇・・・1時間
あまり長時間つけすぎると椎茸のうま味が全て出てしまうので40分~1時間を目安に。

☆ポイント☆
干し椎茸の戻し汁は、後で具を煮込む際に味付けとして入れるのでとっておく
 
pattern_1
2.煮干し(約20g)でだしを取る
お水に煮干しを入れ、ふつう火で15分。沸騰させてからだしをこします。後でご飯を炊くときにお水の代わりに入れるものです。
pattern_1
3.昆布の出汁をとる
今回は、昨日1晩昆布を水につけておいたので、それを使いました。
4.煮干しと昆布の出汁、干し椎茸の戻し汁(少量)をあわせる。
→後でご飯をたくときに一緒に入れます。(椎茸の出汁は、具を煮込む際にたくさん入れるので少量)

出汁をとった後は、以下の材料を混ぜ炊き込みます♪

【材料】4人分(ごはん4合)
・鶏肉 350g
・にんじん 1~1.5本
・油揚げ2枚
・みりん 大さじ2
・出汁醤油 大さじ2
・はちみつ 少し
・干し椎茸の戻し汁

次ページ>>炊き方は?

32 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ