withonlineロゴ
  • 共働きwith
  • ライフスタイル
  • すぐに部屋が汚くなる人必見! キレイな部屋を保つための“自分に合った”「片づけの仕組み」の見つけ方
編集部|ライフスタイル

すぐに部屋が汚くなる人必見! キレイな部屋を保つための“自分に合った”「片づけの仕組み」の見つけ方

暮らし

まずは希望の暮らし方を書き出す

方向性を明確にするための思考の整理として「本当はどんな風に暮らしたい?」と、自分の想いに問いかけます。「どうせ無理」と思うのはNGです。思考整理はペンと紙さえあれば、すぐにできます。ぜひ、みなさんも「理想の暮らし」「大切だと思うこと」「価値を感じること」を書き出してみてください。

誰もが「本当はこうなったらいいのに……」と願っているはずなのに言語化できなかったり、思考停止してしまったりしますが、すぐに書けなくても大丈夫です。わたしたちは、日々の忙しさに追われ、自分の気持ちに気づくことさえ忘れてしまいます。少し時間をかけて、望みは何かを自分に問いかけ、書き出してみましょう。また、家族にも質問してみると、想像もしなかった気持ちを聞けるかもしれません。

片づける作業でモノに向き合うとき、自分の価値観を通してモノを選びます。自分の暮らしの方向性が明確になれば、それを実現するために必要な空間やモノも自ずと見えてくるはずです。特に家の中にモノが多い人に欠かせないのは、大切にしたい優先順位を決めることです。今、大切にしていることを書き出していくと、意外にも「過去の自分が大切にしていたこと」に囚とらわれていると気づいたりします。価値観は変化していくものなので、常にアップデートするようにしましょう。自分を知る思考の整理は、大切なステップなのです。
 

自分を変えずに、仕組みを変える

片づけにストレスを感じるとき、収納スペースが足りないなど家の機能面への不満を持つと同時に、「自分を変えなくては」と思う人が多いようです。以前のわたしも、「片づけもできない自分が情けない」と思っていましたし、わたしの片づけ講座に参加される人も「今度こそは片づけられる自分になりたい」と言われます。

片づけられる人になるには、自分にとって片づけやすい仕組みをつくるのが一番の近道です。今、家の中で使いやすい場所はありますか? そこには、きっと無理せずに自分が行動できるヒントがあるはずです。

これまで数々のお宅に片づけサポートで訪れましたが、その中で気がついたのは、多くの人が自分のお気に入りのモノは片づけられるということです。やはり、モノへの思い入れがあれば丁寧に扱うようになりますし、自分が片づけやすい場所を見つけられるようです。「自分はどうだろう?」と考えてみてください。モノを持つ基準は自分で明確にするしかありません。「まあ、これでいいか!」と、妥協したモノに囲まれた生活より、自分で納得して選んだモノとの暮らしこそ、理想の暮らしに近づくのです。

また、片づけやすさや収納へのこだわりも人によってかなり異なります。これも、自分を観察し、意識的に体感してみないと気づくことはできません。家族であっても、みんな違います。もちろん、身長や利き手によっても違うので、正解はひとつではないのです。

人は何か苦手なことがあると、克服したいと思ってしまいますが、人には得意、不得意があるものです。家の中こそ、ストレスを感じる苦手なことへのハードルを下げ、家族もラクに片づけられる仕組みを一緒に探せばよいのです。それこそが、自分らしい暮らしといえるのではないでしょうか。家の仕組みは、家族の等身大がベストです。

【著者プロフィール】
中里ひろこ
Graceful Life代表。クローゼットオーガナイザー。日本ライフオーガナイザー協会認定講師。京都生まれ。大学卒業後、大学職員として勤務。 結婚後は専業主婦として、二世帯同居、海外生活など7度の引越しを経験。住まいや環境が変化する中で3兄弟の子育てに追われ、日々「片づ かない家」にストレスを感じていた時にライフオーガナイザーという 資格に出合い、資格を取得。自分や家族の“今”に合わせた「コレならで きる! 暮らしの仕組み」を指南するセミナーと個人レッスンを2011年より開講。

今回ご紹介したのはこちら

pattern_1
『わたしに合った「片づけ」ができる 仕組みづくり』
中里ひろこ 著(講談社)

片づけのゴールは、片づけが苦手な自分や家族が、自然に片づけられる整理収納術。「何を」「どこに」「どう収納する」のか、あなたに合う収納方法の見つけ方やモノを増やさずスッキリ見せる方法から家事負担を軽減する住まいづくりまで、著者が長年悩み続けてたどり着いた家族にとって快適な住まいづくりのメソッドを紹介。
29 件
カテゴリーの記事一覧

SHARE

AUTHORS

  • 共働きwith
  • ライフスタイル
  • すぐに部屋が汚くなる人必見! キレイな部屋を保つための“自分に合った”「片づけの仕組み」の見つけ方