編集部|ライフスタイル
20.May.2019

結婚しない、エコなものしか買わないetc...各界の識者に聞く【令和トレンド】

お金の使い方の傾向から結婚に対する価値観、流行りのライフスタイルまで、各界の識者が語る「令和っぽさ」を寄せ集めました。あなたに合いそうなトピックスはどれ?
取材にご協力いただいた方々
イヴルルド遙華さん(フォーチュンアドバイザー)、イガリシノブさん(ヘア&メイクアップアーティスト)、神崎恵さん(美容家)、SHIORIさん(料理家)、古市憲寿さん(社会学者・作家)、三好さやかさん(「VOCE」ウェブサイト編集長)、村上要さん(「WWD JAPAN.com」編集長)

WWD JAPAN.com編集長 村上要さんの予想

【平成】
新卒の給料は10年前から10%ダウン
pattern_1
pattern_3
価値あるもの・エコなもの以外は買わない。
「無駄遣いはしたくないのが若者の共通認識。地球環境の面でも大量生産時代の象徴だったファストファッションブランドは過渡期を迎え、健康的な自分を目指してコスメに価値を見出す人が増えそうです」

高級コスメはユースラインをデビュー

pattern_1
クラランスからそんなミレニアル世代向けの新スキンケアライン「my CLARINS」が誕生。自然由来の成分を配合した化粧水や保湿クリームを展開している。

社会学者・作家 古市憲寿さんの予想

【平成】
婚活疲れになる人まででてきましたけどなんでそんなに結婚したいんですかね?
pattern_1
pattern_3
若い世代の1/5は生涯独身になる見込みなんで、好きな生き方を選べる時代ですよね。
「withの連載では多くの結婚したい女性から悩み相談を受けてきました。今後は5人に1人が生涯独身になると考えたら、もはや結婚しないことも『普通』に。結婚に焦りを感じる女性が減りそうです」

美容家 神崎恵さんの予想

【平成】
女の子が色気を認めた時代だったと思う
pattern_1
pattern_3
脱サバサバ、ネオぶりっ子でいい。女はいくつもの顔を持つべきだから。
「ぶりっ子も『賢い自己演出』のひとつ。メイクやファッションを駆使して幅広い自分を持つことができれば、生き方の選択肢すらも広げていけると思います。それが女性の強みですよね」

フォーチュンアドバイザー イヴルルド遙華さんの予想

【平成】
サラダばかり食べて隠れ栄養失調に陥るOLが急増!
pattern_1
pattern_3
恋愛も食事も、肉食主義に回帰しよう!
「男性は食の好みが合う女性に出会うと結婚を意識するもの。初デートで焼き肉屋に行くなど、男子好みのお店を選ぶことも覚えて恋愛運を向上させていきたいところです」

次のページは>>ヘア&メイクアップアーティスト イガリシノブさんの予想

72 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ