編集部|ライフスタイル
26.May.2020

【手作り布マスク】縫うのはたった2か所!プロの作家に聞いた“超簡単”なマスクの作り方!

縫うのはたった2か所だけ!? プロに聞いた超簡単なマスクの作り方

こんにちは、横浜在住のママwith girlsエディター、チヨです!

一部の地域で緊急事態宣言解除が見通されていますが、これからの外出もマスク着用は欠かせません。むしろお子様の学校再開に、奥様、旦那様の出勤再開など、マスクの使用頻度は高まっていく傾向にあります。

そこで今回は「プロ目線で見た最も簡単なマスクの作り方」をハンドメイド作家の「mamaarre_fabric」さんに取材してきました。

洗って繰り返し使える点も経済的ですし、自分らしくお洒落な柄を選ぶこともできるなど、たくさんのメリットがあるハンドメイドマスクは、家にあるもので簡単にできてしまうんです! 簡単6ステップでできるハンドメイドマスクに、みなさんもぜひトライしてみてください!

ハンドメイドマスクに必要な材料

pattern_1
【材料】
・生地…縦17㎝×横36㎝
・マスクゴム…25㎝×2本

【道具】
・布切りバサミ
・チャコペンなど布に線が描ける道具
・クリップなど布を止められる道具

今回はキッズサイズで作って頂きました。大人サイズのスケールはmamaarre_fabricさんのインスタグラムをチェックしてみてください!

作り方

pattern_1
①生地の裁断

使いたい柄の生地をカットします。真っすぐに生地を裁断する時のポイントは、チャコペンなどを使って事前に生地にラインを引いておくことだそうです。無ければ鉛筆や色鉛筆でもOK! ただし、普通の水性ペンなどは水洗いした時に生地に滲んでしまうので、使用しないようにしましょう。
pattern_1
②生地を細長く折りたたむ

次に、生地を裏に向けて上下を中心にして折りたたみます。真ん中は少し重ねて折ると作りやすいそうです。あまりこだわらず、大体中心で大丈夫! 折り終えたら、横幅を3等分にしたラインに印をつけておきましょう。この後の作業がとてもスムーズだそうです。
pattern_1
③片方の端を1cm折って止めておく

片側だけを、1cmほど内側に折りたたんで止めます。折った部分はマチ針や裁縫クリップで止めておくと扱いやすいですが、無ければ洗濯バサミなど身近なものでも良いそうです。
pattern_1
④生地を三つ折りにする

ここまで来れば、そろそろ終盤です。②で付けた印をもとに、生地を三つ折りにして合わせます。はじめに切りっぱなしの部分を折り込んで、次にクリップで止めてある部分を外側に折りたたみます。
pattern_1
⑤両端1cm~1.5cm残して縫う

サイドを約1cm分、ゴム紐を通す隙間を残して縫います。クリップで止めていた側は、折込みの上を縫います。ゴム紐が通しやすいように、縫い幅は最低で1cm、1.5cmほどあけるとより通しやすいです。縫い方はミシンがある方はミシンで、無い方は手縫いの波縫いなどでOKだそうです!
pattern_1
⑥ゴム紐を通し、調節する

最後に、ゴム紐を通して結び目を生地の中に移動させて見えなくさせて完成です! ゴム紐を結ぶ時は結び目が十字ではなく平行になるようにすると、見栄えも良くなるそうです!
次のページ>>プロのワンポイントアドバイスとは!?
32 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ