編集部|ライフスタイル
30.Jul.2020

【関西ホテル】7月ニューオープン!「リーガグラン京都」で京都を感じる

大阪在住with girls エディター、どうも旅猿69(タビザルロック)です。
2020年7月15日に京都駅八条東口から徒歩3分の場所に開業した、リーガグラン京都。京都を五感で体感できる空間を演出する、リーガロイヤルホテルグループの宿泊主体型ホテル「リーガグラン京都」に宿泊してきました。

チェックイン時間まではラウンジでゆったり読書

pattern_1
チェックインは15時。早く到着した場合は、フロント横にある宿泊者専用ラウンジへ。無料ドリンクと、素敵なライブラリーが出迎えてくれます。

こちらのライブラリーは「表紙でおもわず手に取りたくなる本」を中心に恵文社がセレクトしたもの。
恵文社一乗寺店は、イギリスのガーディアン紙が発表した「世界で一番美しい本屋10」で日本で唯一選ばれた京都の書店です。
pattern_1
ラウンジ内には、ここちよいギターサウンドが流れています。このBGMはギタリスト田中 彬博氏が「リーガグラン京都」のために作ったオリジナルのものです。  

お部屋はこちら

では、お部屋にチェックイン。

スタンダードツイン

pattern_1

スタンダードツインは、広さ21.2~24.2m²とコンパクトですが、広々としたベッド2台、テーブルとイス2脚があり、使いやすいお部屋になっています。
ちなみにどのタイプのお部屋も、浴室と洗面室が分かれたセパレートバスルームとなっています。

スーペリアツイン

pattern_1
26.4~26.9m²と、スタンダートツインより少し広めのお部屋。
ソファーがあるので、のんびりくつろげそう。ソファーをベッドとして使用することもでき、3人で宿泊することも可能です。

プレミアムデラックスツイン

pattern_1
さらに広いお部屋が、プレミアムデラックスツイン。こちらは4人まで宿泊可能なので、家族旅行などのときに。

プレミアムツイン

pattern_1
スーペリアツインよりも少し広いこちらのお部屋はテラス付き。
pattern_1
テラスでのんびりとお茶をいただきませんか。お部屋には南部鉄器の茶器と茶葉が用意されており、京都・宇治田原の宇治紅茶や玉露を楽しめます(こちらはすべてのお部屋に用意されています)。

SOU・SOUによるルームウエア

pattern_1
「新しい日本文化の創造」をコンセプトにテキスタイルデザインを制作する京都のブランド「SOU・SOU」のルームウエアが各部屋に用意されています。ゆったりとしていて、着心地バツグン。上下に分かれており、トップスはスナップボタンがついているので、浴衣のようにはだけてくる心配もありません。

リーガグラン京都には大浴場があるのですが、このルームウェアでお風呂やレストランの利用が可能です。大浴場に行くときに荷物をまとめられるように、素敵なかごバッグが用意されていました。
次のページ>>バー・ラウンジで京都を楽しむ
50 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ