編集部|ライフスタイル
24.Dec.2020

【クリスマスの仰天OL珍事件】アルミホイルに包まれたプレゼント、2000円のディナー、極寒で待たされ2時間……

キラキラ輝くイルミネーションが街中を賑わし、そこら中から陽気なメロディーが流れてきたら、そう……一年の最後にして最大のイベント、クリスマスです!

家族や友人と祝うのも素敵ですが、やはり気合が入るのは世のカップルたち。スペシャルディナーの予約にプレゼントのお買い物、デート用の洋服選び……と、恋する男女が浮き足立ち始めます。一方で一緒に過ごす相手がいないと「くりぼっち」なんて言われたりして、そっとしておいてよ!と叫びたいあなたに送る、聖なる夜の珍事件エピソードをまとめました。

「友情に勝るものはない」と確信するホーリーナイト

私と友人のハルカ、久々に二人揃って彼氏ができた去年。「毎年やってきたけど、今年はハルカとクリパできないね……!」なんて言ってすっかり余裕の面持ちでいたら、私はクリスマス1週間前、ハルカはなんと3日前に彼氏と破局。

案の定、私の家で二人でクリスマスケーキを食べて、泣ける友情モノの映画を観ながら「来年も一緒に過ごそうね」と固い約束を結びました。今のところお互い予定に変更はなく、今年も一緒に当日にクリパできそうです。
(商社・仁香・26歳)

イブのデートには、それなりに期待して行くもんです

クリスマスイブに、出会ったばっかりだったけどちょっと気になる彼とデートすることになりました。集合場所に指定されたのは東京タワー。会うと「ちょっとその辺のベンチに座ろっか」と言うので、まぁ東京タワーを軽く眺めるのかなと思い、言われるがままに寒空の下、冷え冷えの鉄のベンチに腰掛けました。

そして他愛無いお喋りをし始めた彼。私はお洒落してミニスカートをはいていたので、お尻と太ももが冷えること冷えること! 

いつまでここでお喋りするのかな……お腹空いたな……なんて上の空でいたら、ふと、じんわりお尻にぬくもりを感じる……って、彼が私の太ももとお尻をまさぐり始めたんです! 冷えていたからなおさら、彼の手が生温かくて本当に気持ち悪かった。その場で速攻帰りましたが、そんな男にイブを捧げてしまった自分が虚しくなりました。

というか百歩譲ってロマンチックな場所でちょっとイチャつきたかったんだとしても、東京タワー?

その前にまずは美味しいごはんとお酒で私の腹を満たしてほろ酔わせて? 順序ってものがあるのを知らないの? それとも童貞なの? クリスマスイブにかける女子の乙女心をナメないで欲しい!

(住宅・アサコ・27歳)
次のページ>>人生で一番忙しかった高1のクリスマス  
30 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ