編集部|ライフスタイル
13.Nov.2018

【山梨】秋の味覚満載! 森の恵みを味わえるラグジュアリーリゾートの贅沢コースは感動の連続!

こんには。岡山県出身、群馬県在住の”with girls エディター”の矢野詩織です。前回引き続き、森のラグジュアリーリゾート『ふふ河口湖』について。
『ふふ河口湖』の滞在中、館内を散策しているとスタッフの方から「夕食は山梨県産の食材を使った美味しいお料理を用意しているので、しっかりお腹を空かせていてくださいね。ボリューム感も満足いただけますよ。」と声をかけてもらいました。その言葉通り、フルコースは大満足のボリューム。早速、森をテーマとした四季の料理を紹介します。

感動の連続!森をテーマしたフルコース

pattern_1
パチパチッと薪と炎の音が響く、夕食会場の「山のは」。料理は、「森をテーマとした食材の厳選と薪を使用した調理法」がコンセプト。地産地消にこだわった”ふふクオリティ”の食事を提供してくれます。料理に合わせたマリアージュのコース(8,000円〜)もあるので、お酒が好きな方におすすめです。まず、切り株にのって運ばれてきたのは、薪で燻した焼きホタテ舞茸天ぷら。乾杯のシャンパンともよく合う一品です。
pattern_1
山の幸 海の幸が楽しめる前菜に菊花仕上げの海老真丈のお吸い物。薪で燻して桜のチップで香り付けした戻り鰹のたたきなど、次々に美味しいお料理が運ばれてきます。
pattern_1
メインは、熱々の溶岩石で焼いていただく甲州富士桜ポーク。スタッフさんが仕上げの調理してくれるのですが、眼の前で炎があがり、思わず拍手!ベリーソースが豚の脂身をさっぱりとまとめてれました。さらに国産山梨牛のステーキも登場。メインの肉料理も充実の二品で、大満足の内容です。
pattern_1
夜になると野外の広いテラスに火が焚かれ、いい雰囲気に。11月の澄んだ空気のおかげで夜でも富士山のシルエットが暗闇にくっきりと見えました。
pattern_1
コース料理を楽しんだあとは、キャンドルの灯りが揺れるバーで軽く飲み直し。静寂な森の中へ案内されたかのような大人な空間でカクテルを楽しみました。
25 件

キーワード

あなたへのおすすめ