編集部|ライフスタイル

「新型コロナワクチン」を接種しました!気になる痛みや副反応は? 24時間の経過をレポート

こんにちは!
withLabメンバーの松川莉穂です。

医療関係の仕事をしているので、2021年3月に新型コロナワクチンを打ちました。

皆さん気になる痛みや副反応について、ワクチン接種の体験を記録していきたいと思います。

ちなみに、ワクチンは3週間空けて2回の接種が必要とされていますが、今回は1回目の接種の記録となっています。

あくまでも、私の主観的な体験記録なので参考程度に読んでいただけると幸いです。

新型コロナワクチン 1回目を接種

3月某日
10:00 職場の接種会場にてワクチン接種。

事前に渡されていた問診票と医師による問診を終えてさっそく接種となりました。

メディアでも報道されているように、ワクチンは筋肉注射です。
筋肉注射を打たれるときは、腕に腰を当てるのではなく、腕をダラーンと力を抜いてるだけでOK!(神経の損傷を避けるためとされています)

ちなみに筋肉注射は肩〜腕の間にすることが多いので、半袖を無理矢理まくるよりは、片手を脱いでしまったほうがきっと注射をする人もやりやすくていいと思います!

なので、接種時はパーカやカーディガン、キャミソールなど片方だけ腕を出せる服装がおすすめかもしれません。

ものの数秒で接種は終わり! ほんの少しチクッとしましたが、私はインフルエンザの予防接種の痛みを想像していたので、全然痛くないと感じました。
pattern_1
急性のアレルギー反応が起こりやすいとされている15分間は接種会場で待機。

5分くらいしてくると、打ったところがじんわり、ビリビリするような感じになりましたが、指先が痺れるといったことはありません。

10分くらいたつと、ビリビリが消えて打ったところに少し違和感を感じる程度になりました。少し熱を持ってる気がしましたが、そんなにひどくはなく“何となく”という言葉がぴったりかもしれません。

15分後、若干の違和感は残りつつも特に気にならない程度でした。

特に体調にも変化はなく、勤務時間内に受けたので、その後は通常通り業務をこなしていました。
pattern_1
接種直後の写真 特に腫れることもないです
接種から5時間たった15時くらいに何となく腕が重苦しくて動きづらさを感じました。
pattern_1
接種から約3時間後
夕方にかけて重苦しさと、筋肉痛がひどくなったような痛みが増し、打ったほうの腕は動かせるのですが、上に上げるのがしんどくなってきました。仕事中も痛みに耐えて無理やり笑う感じ。
ただ、これも我慢できるくらいの筋肉痛といったところでした。
次のページ>>仕事から帰宅後、腕の筋肉痛は……?  
28 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ