ライフスタイル
withLabゴルフ女子プロジェクト

【小泉孝太郎の激アツゴルフ愛①】ナイターは基本。台風でも極寒でもラウンドするほどゴルフが好き!

知られているようで知られていない?! 俳優の小泉孝太郎さんの【激アツゴルフ愛】。30代は仕事に捧げるとしてゴルフを封印していた孝太郎さんですが、2年前にゴルフ番組に出演したのをきっかけに、ゴルフ熱が再燃。ただいまゴルフに“ドハマり中”の孝太郎さんに、改めてゴルフの面白さと、「隙あらばゴルフに行ってます」というハマりっぷりを全5回の短期連載で語っていただきます!
pattern_1
スウェットパーカ¥27500、カットソー¥17600、パンツ¥24200(すべてBEAMS GOLF)
孝太郎さんのゴルフ熱が再燃したきっかけとなったのは、ゴルフネットワークで放送されている『銀座ゴルフ倶楽部』。
「2年前に番組出演のオファーを受けたのですが、ヒロミさんと一緒にラウンドすると聞いて、これは真剣にやらないと! と。そうしたらもう…… 楽しくて、楽しくて!(笑) 30代は仕事に没頭しようと大好きだったゴルフを封印していましたから、今はその分、打ち込んでいます。今日もこの取材が終わったら成田方面までナイターゴルフに行きますよ!」。

初ラウンドは名門、大箱根カントリークラブ。父と“伝説のキャディー”のもとでラウンドデビュー

pattern_1
孝太郎さんのゴルフの“なれそめ”は高校時代。野球部の友人に誘われて始めたそう。
「生まれ育った横須賀は練習場もショートコースも多く、友人とワイワイ気軽にゴルフが楽しめる環境でした。父親からも『ゴルフは年齢や性別に関係なく一生楽しめるスポーツ。交友関係も広がるぞ』と言われたこともあり、ゴルフをする環境は自然と整っていった感じでしたね」。

コースデビューは名門中の名門、大箱根カントリークラブ。
「初ラウンド前の3ヵ月間、シングルプレイヤーの方にみっちり教わって、20歳のときにラウンドデビューしました。今思うと生意気だなと思いますが、初ラウンドは父が大箱根カントリークラブに連れて行ってくれました。景色が美しく、素晴らしいキャディーさんがついてくださったのでリラックスして楽しめたことを憶えています」。

連載4回目でくわしくお伝えしますが、このときついてくれたのは、歴代総理大臣すべてのラウンドについているという“伝説のキャディー”の異名を持つ方。
「ゴルフを再開して、久しぶりに大箱根カントリークラブに伺ったとき、特別に(編集部注:現在は新規を受け付けていないとのこと)ついていただいたんです。ラウンド後、彼女から『孝太郎さま、お上手になられましたね』と言われて。込み上げるものがありましたね」。
次のページ>>スコアの良し悪しは自分の責任! マイペースに自分のリズムを作るのがゴルフの醍醐味
27 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ