ライフスタイル
withLabゴルフ女子プロジェクト

「飛距離を伸ばしたい」「曲げたくない」…自分にぴったりのクラブが見つかる最新【試打】のポイント

狙うべきはドライバー?アイアン?!試打するポイントは?

Q:新作というとやっぱり“ドライバー”に、つい目がいってしまうのですが……

A:そうですよね! みなさん、「飛ばしたい!」という欲求があると思うので(笑)、どうしてもまずはドライバーに目がいきがちだと思うのですが、今回のヤマハの場合、ドライバーからウッド類、アイアンまでをリリースしているので、ぜひいろいろ試してみてください(降旗さん)。

Q:「ドライバーは、毎シーズン進化しているから新しいクラブのほうがいいけれど、アイアンはドライバーほど変わらないよ」などとアドバイスされるのですが、本当のところどうなんでしょう?

A:それは20年くらい前の話ですね~!(笑)(メーカーの立場からいうと)アイアンこそ、まだまだ改革の余地がある、と思っています。ヤマハからも今回、自信作のアイアンをリリースします。アイアンはそんなに変わらないから……という意見はいまだによく聞かれるのですが、アイアンこそかなり進化しているので、ぜひ試打していただきたいですね。

ここ最近のアイアンはかつてと比べて断然、振り抜きやすく扱いやすくなっています! ボールも上がりやすくなっていますし、曲がらずに飛距離も出るようになっています。他ブランドさんもそうですが、これからもアイアンはどんどん進化していくんじゃないでしょうか?(降旗さん)。
pattern_1
フェイスの大きさもシャフトの長さも、意外と個性はいろいろ。じっくり試したうえで、自分と相性のいい1本を見つけたい。
実は、もともとセッティングされているシャフトも、メーカーによりさまざまな特徴があります。非力な女性のシャフトのフレックス(硬さ)は「L」、ということでは決してないんだそう。自分にぴったりのクラブを探すためにも、思い込みを捨てて、試打でいろいろなクラブを試してみると新しい発見がありそう!

Q:試打には、どんな服装で行けばよいですか?

A:ゴルフウエアでなくても、スイングしやすい動きやすい気軽な服装でOK。足元もスニーカーなら問題ありません。グローブやシューズを用意しているところもありますが、グローブ次第でグリップの感覚が変わる場合もあるので、もし愛用のグローブがあれば持って行くのもオススメ!(降旗さん)

Q:例えば、「7番アイアン1本だけ試打したい」、というのもアリですか?

A:もちろんです。クラブの種類問わず、1本だけ試したい! ということでもウエルカムです! 気になるドライバーだけでも、ユーティリティ1本だけでもOK。特に女性ゴルファーは、なかなか試打自体に行かれる機会が少ないかもしれませんが、そのあたりは気にせずに、ぜひ気軽に試打に行かれてみてください。それこそウェッジ1本だけ試したい、って人もいらっしゃいます(降旗さん)。

Q:ベストなクラブを見つけるためには? お悩みなどを伝えたほうがいいんでしょうか?

A:現状のお悩みがあれば、ぜひフィッターにご相談してみてください! 気になっているメーカーのクラブがあれば、それも併せて伝えるのも◎。ボールがあがりやすいクラブ、ボールがつかまりやすいクラブ、などメーカーによっても特徴が違います。フィッターさんがお悩みや希望に合わせたクラブを提案してくれるうえで参考になるのでぜひお伝えください。

また、「こういったクラブがほしい」という具体的な希望がなくてもかまいません。数球打ってみるだけで、大体のフィッターさんはその人のスイングの特徴や、お悩みを見極めてくれるはずです。それを踏まえて特徴の異なるクラブをいくつか選んでくれると思うので、まずはそのクラブを打ち比べてみてはいかがでしょうか?(降旗さん)

思い込みを捨てて、プロのフィッターさん目線からのクラブにトライしてみる…… ということができるのも試打のよいところかもしれませんね。プロのフィッターさんを最大限に利用して、納得のいくクラブ選びをしてみましょう!

Q:試打の時、いつも通りのスイングができるのかが心配なのですが……

A:試打でなかなか当たらない、いつもの調子が出ない……これで判断されるのは不安! と思う場合もあるかもしれませんが、フィッターさんは、調子の良しあしに限らずその人のスイングの特徴などを、ちゃんと見極めてくれるので、心配ご無用です!(笑) プロでもアマチュアでも、毎回同じコンディションでラウンドしたり、練習したりすることはできないので、そのあたりは気にせず、試打に行かれてくださいね(降旗さん)。

Q:使っている自分のクラブ、やっぱり持って行った方がよいですか?

A:クラブを持って行かなくても、今使っているクラブのスペック、ロフト角やシャフトの長さ、重さなどがわかっているほうがフィッティングには効果的です。というのも、クラブ14本のうち、パターを除いた13本は、重さのフローを考えてセッティングしたほうがいいんです。

“軽い→重い”の流れ、基本的には1番軽いドライバーから徐々に重くなっていくバランスが良しとされています。気に入ってるユーティリティがあるのに、それよりも重いフェアウェイウッドを選んでしまうと、そこで重さのバランスが崩れてしまう、せっかく調子のいいユーティリティを入れたのにほかもおかしくなってしまう、なんてことにもなりかねないんです。もし持って行けるのであれば持参して、フィッターさんに今使っているクラブをチェックしてもらうほうがベター! もしくは、ヘッドとシャフト部分のスペックを写真に撮っていくだけでも、傾向がわかるのでおすすめです(降旗さん)。

クラブ選びを失敗しないための準備としても、自分のクラブのスペックを把握しておきましょう!
pattern_1

Q:購入する前に、やはり実際にラウンドで使ってみたいのですが……

A:わかります。実際に使ってみて納得したうえで購入したいですよね。最近はレンタルのシステムもいろいろあるので、特にフルセットで購入、といった場合には、まずはレンタルして実際のコースで使ってみるのもいいと思います(降旗さん)。
「ヤマハ」新作クラブもラウンドで試せる!3泊4日のレンタルシステム
「CURUCURU」 約1週間無料!希望に合わせて選べる打ち比べセットなど
ゴルフショップなどでは無料で試打できるところがほとんどなので、「最近スコアがイマイチだな~」なんてときには、試打へいってみてはどうでしょう? 先入観を捨てていろいろなクラブを打ち比べてみると、意外な発見に気づいて、スコアアップにつながるかもしれません。

ゴルフ友達と試打+ランチへ、なんてことも楽しそう♬  ぜひ気軽に試打に出かけてみてくださいね。

取材協力/ヤマハ株式会社
構成/伊藤真咲

こちらの記事もオススメ!

いよいよラウンドも気持ちいい秋ゴルフシーズン到来♫ゴルフ場選びに迷ったら……

60 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ