withonlineロゴ
大久保嘉人『俺は主夫。職業、現役Jリーガー』

【大久保嘉人引退発表】秘蔵カット多数!大久保嘉人の現役時代をマル秘写真と一挙振り返り!

11月19日、今シーズンをもって現役を引退することを発表したサッカー界のレジェンド・大久保嘉人(セレッソ大阪)。
高校時代に高校三冠の偉業を達成し、J1のほぼ全チームからのオファーを受け、鳴り物入りでプロデビュー。セレッソ大阪から始まったプロキャリアは、スペインリーグ、ドイツリーグでの活躍も含めて今年で21年に。
史上初の3年連続J1得点王、J1通算最多得点など、輝かしい記録で彩られたキャリアを数々の写真とともに振り返る。

前人未到の記録へ 飽くなき挑戦

J1通算200ゴールへの軌跡

39歳。大ベテランと呼ばれる年齢で、今なおJ1通算最多得点記録を更新し続ける大久保嘉人。輝かしいキャリアを歩んできた男は今、前人未到の大記録を前に、何を思うのか。
pattern_1
「自然体だったからこそ、この年齢までやってこれた」と笑う。試合中の野獣のような顔つきとは別人のようだ。
pattern_1

「軌跡」〜高校時代、プロデビュー、そして海外挑戦〜

強豪・国見で高校三冠の偉業を達成

国見高校3年時にインターハイ、国見単独チームで長崎代表として臨んだ国体、選手権の三冠を達成。自身もインターハイで10得点、選手権では8得点を挙げ、得点王に輝いた。
pattern_1

18歳、セレッソ大阪にて Jリーグデビュー

J1のほぼ全チームの争奪戦を経て、セレッソ大阪に加入。カップ戦でプロ初ゴールを挙げると、初先発となった第5節ジュビロ磐田戦でリーグ初得点。ここからJ1リーグ通算最多得点記録への道がスタートした。

アテネオリンピックでは 3試合に出場し2得点

予選では2戦連続得点でチームの窮地を救った。本大会は1勝2敗でグループステージ敗退となってしまったが、3試合に先発出場し、パラグアイ戦、ガーナ戦で各1得点を挙げた。
pattern_1
©Kaoru Watanabe/JMPA

スペイン・ドイツのリーグでも計3シーズンプレー

オリンピックでの活躍を機に、2004年にスペインのマジョルカへ期限つき移籍。奇跡的な1部残留に貢献し「救世主」と呼ばれた。「鬼軍曹」として有名なマガト監督に惚れ込まれて移籍したドイツのヴォルフスブルクでは、2008-09シーズンのブンデスリーガを制覇。

ワールドカップ・南アフリカ 大会では4試合に出場 ベスト16進出に貢献

前評判は散々だった南アフリカ大会だったが、始まってみればアウェイで初の決勝トーナメント進出という快進撃。4試合すべてに先発出場し、左MFとして攻守に奔走した。
pattern_1
©Kaoru Watanabe/JMPA
pattern_1
©Kaoru Watanabe/JMPA
pattern_1
©Kaoru Watanabe/JMPA
 

「進化」〜3年連続J1得点王、そしてJ1通算最多得点〜

30代になった川崎フロンターレ時代 史上初の3年連続得点王に輝く

2013年から所属した川崎フロンターレでは、キャリアハイのリーグ26得点を記録。2014年は18得点、2015年は23得点を挙げ、Jリーグ史上初の3年連続得点王に輝いた。
pattern_1
©Kaoru Watanabe/JMPA
pattern_1
©Kaoru Watanabe/JMPA
pattern_1
©Kaoru Watanabe/GEKISAKA
pattern_1
©Kaoru Watanabe/GEKISAKA
pattern_1
©KAWASAKI FRONTALE

ワールドカップ・ブラジル大会では サプライズ選出されて3試合に出場

pattern_1
©Kaoru Watanabe/JMPA
pattern_1
©Kaoru Watanabe/JMPA
Jリーグでの好調を受け、2年間招集されていなかった日本代表にサプライズ選出された。本大会では3試合すべてに出場したものの、チームはグループリーグで敗退。

38歳で古巣・セレッソ大阪に復帰 J1通算最多得点記録を更新し続ける

15年ぶりに古巣に復帰、開幕から3試合連続ゴールと好調なスタートを切った。フロンターレ時代にサポーターが作り、現在はセレッソサポーターに受け継がれた「YOSHI METER(ヨシメーター)」。ゴールのたびに数字が更新される横断幕が、「200」の数字を刻む時を待つ。
pattern_1
©Kaoru Watanabe/GEKISAKA

「挑戦」〜前人未到の大記録、J1通算200ゴールへ〜

「もちろん狙ってるよ。1ゴールずつ地道に近づけていくだけやね」。そう言って見据えた視線の先には、前人未到の大台、J1通算200ゴールがある。
pattern_1
【来歴】
2001〜2004 セレッソ大阪
2005〜2006 マジョルカ(スペイン)
2006.6〜 セレッソ大阪
2007〜2008 ヴィッセル神戸
2009 ヴォルフスブルク(ドイツ)
2009.6〜2012 ヴィッセル神戸
2013〜2016 川崎フロンターレ
2017  FC東京
2018 川崎フロンターレ
2018.6〜2019 ジュビロ磐田
2020 東京ヴェルディ
2021〜 セレッソ大阪

書籍『俺は主夫。職業、現役Jリーガー』絶賛予約中!

大久保嘉人、現役最後の挑戦は、サッカーと育児の両立だった⁉

39歳にして現役サッカー選手として今なお活躍を続けていた大久保選手が引退を表明!
私生活では4人兄弟の父親としての顔も持つ大久保選手。今季、東京のチームからセレッソ大阪への移籍に際して、三男を連れての子連れ単身赴任。ワンオペで家事も育児もこなす〝主夫〟Jリーガーだ。
初めての家事・育児に戸惑い、奮闘するプロサッカー選手の、笑いありドタバタありの三男との二人暮らしを描いた『俺は主夫。職業、現役Jリーガー』が、11月26日に発売!
pattern_1

大久保嘉人39歳。サッカー界のレジェンドが、大阪で突然息子と二人暮らしをスタート?「家事力0」の現役Jリーガー主夫、爆誕!

内容の一部をご紹介!

第1章    暴れん坊ストライカー、キッチンに降り立つ
・大阪移籍で単身赴任。そこにまさかの三男の「ついていく宣言」。
・家族会議で俺は確信。 「この経験は必ず橙利の力になる」

第2章    トリッキーなプレー続出!? 父と子の二人暮らしキックオフ!
・鍋の蓋が無ければハンドも覚悟。男の家事は失敗の連続。毎日がチャレンジ!
・大久保流のワンオペ育児、家事と子育てルーティン

第3章    守りは嫁任せ! 攻めに専念してた16年の亭主関白生活
・4児のパパのこれまでの暮らしぶり。正直、家事には無関心。
・九州男児で家事力ゼロ。リモコン一つ動かさなかったこれまでの俺。

第4章 理想の父親像は「なんでも話せるチームメイト」
・おとんのおかげで今の俺がある。
・三男に自分との生活で学び取ってほしいもの

第5章 家族はチームだ! 攻めも守りも全員で!
・オフでも全然休めない…世のお母さんたちに拍手
・俺、完全アウェイ!? まさかの父親Jリーガーたちからの大ブーイング!!

第6章 仕事・家事・育児のハットトリック決めようぜ!
・とりあえず宣言!とりあえずやる!そこから見える世界がある
・どうしたら世の中のパパたちが家事育児に参加できるか、大久保流の答え

大久保嘉人(おおくぼよしと)

pattern_1
1982年6月、福岡県生まれ。国見高校3年時に高校3冠を達成。自身もインターハイ、選手権で得点王に輝き、セレッソ大阪でプロキャリアをスタート。スペイン、ドイツなど海外リーグ、国内の数クラブを経て、2021年古巣のセレッソ大阪に復帰。史上初、3年連続Jリーグ得点王。J1通算最多得点記録保持者であり、現在も記録を更新中。日本代表としてアテネオリンピック、FIFAワールドカップ南アフリカ大会、同ブラジル大会などに出場。国際Aマッチ60試合出場、6得点。莉瑛夫人との間に4男。セレッソ移籍を機に大阪にて、三男と父子ふたり生活を送る。
57 件
カテゴリーの記事一覧
pattern_1

大久保嘉人

「俺は主夫。職業、現役Jリーガー」を連載中。サッカー選手と9歳息子の二人暮らし奮闘記を発信。

この著者の全ての記事を読む

SHARE

AUTHORS