ライフスタイル
竹田有里のゆるりなSDGsラボ

Amazonやスーパーで買える、“エコな洗剤”を徹底比較!満足度ランキングを発表します!! 【竹田有里のゆるりなSDGsラボ vol.3】

皆さん、こんにちは! 竹田有里です。

アメリカのバイデン大統領が主催する「気候変動サミット」が終わり、日本は2030年に向けた温室効果ガスの削減目標を2013年度に比べて46%削減することを目指すと表明しました。日本が目標に向かっていかに挑戦していくのか、引き続き追いかけていきたいと思います。

そんなこんなで新年度が始まったと思ったら、もうゴールデンウィークが終わってしまいました。
今年も引き続きステイホームが続きますが、この機会におうちの中をすっきりお掃除をしてみませんか?
せっかくならエコでSDGsな洗剤を使ってみましょう!

ということで、店頭に陳列されていたほぼ全種類の洗剤を自腹購入し、勝手に満足度ランキングしちゃいました!

6位:ベルギーの科学者が開発した洗剤「ecover(エコベール)」

pattern_1
ecover 食器用洗剤 ザクロ 438円(税込)Amazonで購入。ほんのり甘いザクロとイチジクの香り。香りは何種類かありますよ!
まずはこちら!

ecover(エコベール)は「洗剤に含まれるリン酸塩が、水中生物たちの生きる場所を奪っていく」ことを目の当たりにしたベルギーの科学者たちが開発した洗剤メーカーです。

特徴は、

(1)植物由来
サトウキビ、パーム、ヤシ、ナタネなどの植物油を使用。肌にやさしく、生分解でき、しっかり汚れを落とします。

調達している原材料の例:

フランス産のナタネ油(柔軟剤)
オーストリア、チェコ、スロバキア産のナタネ油(住居用洗剤)
フランスとドイツ産のヒマワリ油(洗たく用洗剤)
ヨーロッパ産のナタネ油から抽出された界面活性剤(洗たく用洗剤)

ただし、パーム油(アブラヤシの果実から得られる植物油)をめぐって、生態系への影響などについて問題視されています。パーム油は私たちの生活には切っても切り離せない存在です。食べ物からボディソープからあらゆるものに使われています。
(環境ドキュメンタリー番組のインドネシアロケでは、アブラヤシ農家の生活と環境問題のせめぎ合いを目の当たりにしました。環境保護も持続可能な発展も相互解決ができるよう私たちは挑んでいかなくてはいけないなと痛感)

そのため、ecoverでは、パーム油は、RSPO(www.rspo.org)で認証されたものだけを使用。この認証を受けたパーム油は、森林破壊を行わないプランテーションと製造法で提供されています。

将来的にパーム油とヤシ油を減らせるよう、サステナブルな代替品を検討しています。

(2)100%再生プラスチックを使用
食器用洗剤のボトルに100%再生プラスチックを使用。リサイクル可能です。

2016年に使用されたプラスチックボトルのうち、リサイクルされたのは半分以下で、新しいボトルに再生されたのはわずか7%という調査結果*が! 海洋プラスチックの問題はニュースでもよく取り上げられるようになりましたね。
*出典:The Guardian(2017年6月)” A million bottles a minute: world’s plastic binge ‘as dangerous as climate change”


(3)カーボンフットプリントに注目!
輸送によるCO2排出量を最小限にするため、原材料をできるだけ工場の近くで調達

今回は、ザクロの香りを手にとって選びましたが、ecoverでは他にもレモンやカモミールなどの香りの食器用洗剤があります。
また、ecover zeroという商品もあり、こちらは完全は無香料・無着色。肌へのやさしさを追求したシリーズで英国アレルギー協会にも認定されていて、敏感肌の方におすすめなんだそう!

泡立ちはそこまでいいわけではないけれど、食器の油汚れなどしっかり落ちていました。あとなんて言っても、とにかく手が荒れない! カサカサしない!

5位:未来の洗剤「幸せなゾウ」

pattern_1
ハッピーエレファント 野菜・食器用洗剤 オレンジ&ライム(300ml) 440円(税込) 
「Happy Elephant」は、SDGsな洗剤を長年世に出し続けている日本メーカー「SARAYA」のブランドです。
ヤシの実のロゴが特徴的な洗剤を出していたSARAYAですが、アブラヤシ農園(ヤシの実から取れるパーム油)が無秩序に拡大したことで熱帯雨林が伐採され野生動物が追われているボルネオで、怪我をした小ゾウと出会ったことがこの商品を開発したきっかけとなったそう。

そこで!!
SARAYAでは、パーム油に依存するのではなく、天然の酵母が、発酵によりうみだす天然洗浄成分ソホロ*を配合。石油由来原料を一切使用しない100%天然由来原料で、人にやさしく、排水後はすみやかに分解されて地球に還ります。

*「ソホロ(SOFORO)」は、植物油(パーム油)と糖を栄養にして、天然酵母が発酵することによって生みだした天然成分。いきものが生みだした成分なので、生分解性に優れており排水後はすばやく地球に還ります。化粧品や食品成分としての安全性も満たしており、環境や肌にやさしい“未来の洗浄剤”といわれています。

特徴は、

(HPより一部抜粋)
(1)生分解する!
排水後は微生物によって水と二酸化炭素に完全に生分解され、すばやく地球に還ります。生分解性試験では、排水後22日で二酸化炭素と水に完全分解!

(2)洗浄力も抜群!
ソホロは、環境にやさしく安全性の高い成分でありながら、高い洗浄力を持ちあわせているので、油汚れから皮脂汚れまで、しっかり汚れを落とします。

(3)低起泡性とすすぎ少なくてOK!
高い洗浄力を持ちながら低起泡性であることも特長。合成の界面活性剤のようにヌルヌルせずに、すばやい泡切れと優れたすすぎ性を発揮。

(4)やさしい成分!
ソホロは、細胞毒性の結果、低刺激をうたう化粧品に使われている原料よりも毒性が低く、やさしい成分であることがわかりました。最近では、食品成分としての安全性も満たしています。

そのほか、ランドリー、キッチン、バスクリーナー、トイレクリーナーのラインナップも! トイレクリーナーは詰め替えがあったので、こちらをチョイス。

食器用洗剤は、泡立ちがいいわけではないけれど、確かにすすぎはそんなにいらない! 香りもほのかに柑橘系の香りがします。エコバッグも今ならついていました。

掃除・食器洗いをすると、シンクが泡だらけになり「これ流しちゃうの!?」と罪悪感に苛まれるけど、生分解性で環境にやさしいとなると、ちょっと安心です。

4位:除菌・洗浄・消臭が一度にできるエコな水!?「超電水クリーンシュ!シュ!」

pattern_1
超電水クリーン シュ!シュ!  Lボトル  1078円(税込)
コロナで除菌が欠かせない日々ですが、アルコールだと手が荒れたり、アルコールでの除菌までは必要でないとき、家事の助っ人になってくれるかもしれません!

(※現段階では、新型コロナウイルスの全容が解明されておらず、また検証データを有しておりませんので「新型コロナウイルスを除去または増殖を抑制する効果がある」と言うことはできません。しかし、除菌及び洗浄効果のある超電水クリーンシュ!シュ!を対象物に「吹きかけて拭きとる」という行為は、新型コロナウイルスの感染症対策のひとつとして考えております。 HPより抜粋)

「超電水クリーンシュ!シュ!」は、水を電気分解して作ったアルカリイオン水100%の除菌洗浄水です。

なんだか難しそうなのですが、よくスーパーなどで見かける飲料用のアルカリイオン水はpH9~10の弱アルカリ性で高い洗浄力はありません。しかしこちらはアルカリ性が強いもので、飲料用には適さないものの除菌洗浄用に適しているんだそう。

特徴は、

(1)油汚れに強い
通常の水よりも浸透力が強く、汚れに含まれている油分を瞬時に溶解し、タンパク質を分解。さらに付着原因である静電気を中和させ、汚れを浮き離し、細かい凹凸面の汚れも落ちるんだそう。

(2)合成界面活性剤を含まない→環境保護
拭き残りは水と同様に蒸発し、環境を汚さない。

(3)雑菌を除去し消臭効果も◎
次のページ>>気になる3位から1位はこちら!  
38 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ