恋愛
100%結婚できる恋愛塾
06.May.2018

萩中ユウさん「男性におごってもらいたいのに、いつもデートは割り勘」【第6回】

食事は男性におごってもらいたいのに・・・

こんにちは。
100%結婚できる恋愛塾・塾長の萩中ユウです。

私の恋愛塾に通ってくれる受講生の中には、デートでは男性からおごられたいと思っている人も少なくありません。
ある女性は言いました。
「男性からご馳走してもらえることで自分が女性として見られていることを実感し幸せで満たされる。
それなのに、今までのデートはいつも割り勘・・・。
そのため、どの男性とお付き合いしても、彼女が満足することはなかった」と。

そこで前回お伝えした新規の独身男性20名の登場です。
その20名の男性は、関係が切れても自分の生活に支障のない人たち。
だったら「デートでおごってもらう」という経験を積む場にしてみましょう。

自分の行動が割り勘にさせていたのかも?

彼女は今まで、自分の好きな人や彼氏にはワガママを言えず、願望や不満をひとりで抱えていました。だったら、まだ恋愛感情のない新規の男性には“新たな挑戦”として自分の願望をどんどん言ってみるべきです。
今までは“彼に悪いから”と少しでもお金を払うクセがついているとのことだったので、一度でいいから男性がお金を払うのをじっと待ってみることを勧めました。
「いくら払えばいい?」といつもお会計時に言っていたのをぐっとこらえて、ドキドキしながらでも先に「ごちそうさま」と言ってみる。

すると・・・意外にも、「また行こうね~」という返事があったそう。

今までは「いくら払えばいい?」と自分から聞いていたから割り勘になっていたんだ。ということに気付き、男性におごってもらうことは難しいことではないのだと知るいい機会になったのです。

大切なのはワガママの伝え方

もし男性から「デートは割り勘にしよう」と言われたとします。
その場合には、こう言ってみるのはどうでしょう?

「デートでお金を払いたくないわけじゃないの。でも、デートでご馳走してもらうことで大切な女の子扱いをされているように感じられて嬉しい気持ちになるんだ。だから、安いお店でいいから○○君にご馳走してもらいたいの」と。

「普段、家でのご飯は私が作るから、月に1度の外食は○○君がご馳走してくれる?」
という提案もいいでしょう。

ここでのポイントは、「あなたがどうしてもらいたいのか」を男性に伝えること!
あなたが“ご馳走してもらえたらとても幸せな気分になる”ということを、デート相手は、まだ知りません。その男性がどんなに女性慣れしていたとしても、あなたとの関係においては初心者です。
あなたが“何をされたときに幸せになるのか”までは想像もできません。
・あなたがどうしたら喜ぶのか?
・あなたにはどう接するのが正解なのか?
それを伝えない限り、彼はいつになってもあなたにとって満点の彼氏にはなりません。

次のページ>「ワガママは男性に嫌われる」は大きな間違い

19 件

キーワード

あなたへのおすすめ