恋愛・結婚
萩中ユウの「わたしの愛させ方」

萩中ユウ『現在の恋愛市場で“尽くす”は死語!』【第46回】

男性は『尽くす女』を求めてるんじゃない!

今の時代、男性も自分で料理をしたり、要領よく家事をする人が増えていますよね。だから、男性が必ずしも“尽くされること”を求めているかというと、絶対的条件ではなくなっていると思います。もちろん、あなたが男性に尽くすことが好きで、楽しんでいるのならそれでいいのです。でも、本当はしたくないのなら、無理してまで“尽くす”必要なんてない!と言うのが私の意見です。

私は受講生からの結婚報告のメールをもらうことが多いのですが、以前こんなメールが届きました。
「彼からプロポーズをしてもらったとき『私、家事が苦手だけど本当にいいの?』と心配で2度聞きして確認したら、『僕は家政婦さんが欲しいんじゃなくて、君と結婚したいんだよ。家事は一緒にやっていけばいいよ』と言われたのです。」

求めるものは人それぞれかもしれないけど、確実に“女性は家にいて家事をやるべき”という絶対的なものが変わってきていると思うのです。男性が育休を取ったり、専業主夫になったりももう珍しいことではありませんよね。実際、休日に父親が子供を連れて公園に行っている光景を何度も目にしたことがあります。 家事や子育ては女性だけのものではなく、夫婦二人で「できる方ができるときにするもの」になってきているのです。
次のページ>>「尽くすより、できるようになるべきこと」  
29 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ