恋愛
萩中ユウの幸せな結婚のつかみ方
29.Mar.2020

萩中ユウ「相手選びに時間をかけない!」【幸せな結婚のつかみ方 第12回】

「相手が誰か」は関係ない

ユウ 幸せな恋愛をする上で、「相手が誰か」ということは全く重要ではありません。
「どんな付き合い方をするか」ということの方がずっと大切。
時間をかけるのは相手選びではなく、関係を深めることに充てた方が賢明です。

with子 とは言ってもそれぞれ個性やその他、いろいろとあるじゃないですか。
あみだくじで決めるなんて……私、想像がつきません!

ユウ 受講生の中には、実際に付き合う相手をあみだくじで決めた方もいます。
とても簡単に選んだように感じますが、その後彼との関係の中で感じた疑問や不満はその都度伝えて、常に二人にとってベストな付き合い方を模索していきました。
「言わなくてもわかるでしょ」と言って感謝や愛情表現を怠らないこと、思ったことはその場で素直に伝えること、相手の意見にきちんと耳を傾けること。そういった当たり前の一つ一つのコミュニケーションを丁寧に、時間と労力をかけて向き合っていきました。
結果、講座を卒業される頃には「彼を選んで、正解でした!」と、とても幸せそうに笑う彼女の姿がありました。彼との関係に満足しかない状態なら、「他の人」なんて思考には至りませんよね。
お二人は後々結婚されて、お子さんも産まれて、現在もとても仲良く幸せに暮らしています。

with子 ええ……すごい。

ユウ あみだくじと聞くと驚くかもしれませんが、そのくらい「誰を選んでも正解」だということ。
なぜならwith子さんはもう誰のことでも素敵と思えるくらい、「誰といても幸せな自分」になっているから。
その力が備わったのです。

with子 誰といても幸せな自分、ですか……?

ユウ 今、with子さんの目の前に素敵な人ばかりが集まっているのは、決して偶然ではありません。
それは、with子さんが「どの人に対しても、素敵な部分をちゃんと見つけてあげられる」人になったからだと思ってください。
相手の条件次第ではなく、自分の中に「誰といても幸せになれる視点」を持ったのです。
だから誰を選んでも大丈夫。

with子 でも、現時点ではA君と同じくらいB君とC君のことを「素敵だな」と思っているわけで……。
「後悔したくない」と思うと、運任せにしてしまうのには勇気が要りませんか?

ユウ たとえばここで今A君を選んだら、最初はB君とC君のことを惜しいと感じてしまうかもしれません。
でも、A君と付き合う!と決めて向き合い始めたら、「A君にだから言うこと」「A君と話し合いの中で決めたこと」「A君と二人で作った思い出」「A君と一緒に乗り越えたこと」「A君が私にしてくれたこと」、こういった時間が増えていって、どんどんA君が大切な人になっていきます。
そして付き合う中で、今までの彼には言えなかった秘密の話や、彼への不満、素直な本心などを怖がらずに言えるようになっていくことで、「不満がない状態」になっていくのです。
そう考えると、相手が誰かは重要ではなく、付き合い方が重要ということに気付きますよね?

with子 確かにそうですね。
彼氏彼女になってよりたくさんの時間を一緒に過ごしたら、その人がいずれ“一番”になるというのは想像できます。
「不満がない状態」はまだ未知なので、私も味わってみたいです!

次のページ>>「付き合ってから」のフェーズに時間をかけたい
43 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ