恋愛
100%結婚できる恋愛塾
27.May.2018

萩中ユウさん『現在の恋愛市場で取り残される“受け身の女性”』【第9回】

最近の男子は恋愛熱量がとにかく低い

こんにちは。
100%結婚できる恋愛塾・塾長の萩中ユウです。

私の恋愛塾に通ってくれている受講生は、デートや恋愛、そして結婚までも「男性から選ばれたい」というような“受け身体質”のマインドを持つ方がとても多いのです。

確かに、自分から誘って拒否されたときの虚しさといったらありません。
特にキャリア女子や年齢を重ねた女性は、この一度のダメージが恋愛ブランクを長引かせる原因にもなりかねません。
“受け身”の立場なら、傷つかないし、楽ですよね。
だからステキな男性から声がかかるのを待ってしまう・・・。

でも、今の男性もそれとまったく同じことを考えているんです。
「俺から告白? 100%付き合える可能性があるなら考えてもいいけど・・・」
「フラれるくらいなら告白したくないや」
みなさんが思っている以上に、今の男性は恋愛の熱量が低いのです。
ちょっと前まで主流だった、男として女を狩りに行くような野性的な考えはもう遥か昔のこと。仕事に関しても向上心より安定を重視しているし、自分磨きをはじめ美肌ケアまで流行り出す始末です。恋愛は「あってもなくてもいいもの」となり、面倒なものほど優先順位を下げてしまう傾向にあります。
今は出会いの場に行かずに、SNSで女の子と繋がるし、街コンの話を聞いていても男性からのアプローチが劇的に弱い。まずは今の男性の状況をしっかり把握しないといけません。

やっぱり告白は男性からしてもらいたい!

成功を望むよりも失敗を嫌う現代男性と恋愛をスタートさせるためには、
・女性から告白する
・男性に「あなたの告白を断らない」というわかりやすいGOサインを出す
この2つしか可能性はありません。
今のリアルな恋愛市場を勝ち抜くためには、「待つ」なんて言う姿勢は時代錯誤。
女性が賢く男性をリードし動かしていく必要があります。

受講生の多くは、告白の決定的な言葉は男性に言ってもらいたい人が多いので、「それならば」と付き合いたいと思った男性にはこのようなセリフを薦めています。

「私、○○君の彼女になりたい♡ なれるまで頑張るね」
「○○君が私に告白するまで待っているね」
みなさん、このセリフのきわどさにギョッとしますが、このぐらいパンチのある言葉で明確に伝えないと現代男子には届きません。

とにかく大切なのは、“あなたが告白に失敗する可能性はゼロだよ”と知ってもらうこと。
「○○君の彼女になったら幸せそうだな〜」
このぐらいのあいまいなセリフだと、「俺のこと好きなのかな?」とは心で変換せず、“おだて上手なんだな”くらいにしか男性には伝わらないのです。

次のページ>「明確な好意のセリフはいつでも言ってもいい」

26 件

キーワード

あなたへのおすすめ