恋愛
100%結婚できる恋愛塾
23.Jun.2019

萩中ユウ『ヒステリーにならない女性なんていない!』【第60回】

男性の手のひらでうまく転がってあげること

私の恋愛論は『ワガママ放題で溺愛されるラクな恋愛をすること』です。だから、まず自分のことを“ワガママでヒステリーな存在”だと認めることから始めてください。こういうことを受講生に伝えると「なんだかワガママというレッテルを貼られたような気がして嫌です」という方がいます。でも、それでいいんです! だって、「ワガママ=嫌われる」ではないから。男性にとってあなたは「ワガママで愛おしい存在」なのです。だから「ワガママでヒステリーだけど笑って許してね♡」というおおらかな気持ちでいてください。

では、“ワガママでヒステリー”な女性という生き物が、男性とうまくやっていくにはどうしたら良いと思いますか? それは、男性の手のひらでうまく転がってあげることです。

どんなにケンカをしたとしても、結局最終的には「勝った方」ではなく「勝たせてあげた方」が賢く、本当の意味で強いのです。あなたは彼に勝つことではなく、彼を勝たせることでもなく、彼に「勝たせてもらう」こと。「君の方が強いね!」と、負けてあげられる強さを彼に知ってもらうことが大切です。

私自身も、ついつい「ほら、私の勝ち!」という気持ちになるけど、いつも私を勝たせてくれる夫にはやっぱり敵わないとつくづく思ってしまいますし、結局は夫の手のひらで転がせられているのだと思います。でも、それでいいのです。男性に“手のひらで転がせている”と思ってもらうことこそ、結果的に男性の立場を立てているのです。
次のページ>>「私たち夫婦のケンカのルール」
28 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ