恋愛・結婚
萩中ユウの「わたしの愛させ方」

萩中ユウ「年の差カップルの意外な落とし穴と、上手くいかせるための方法」【第9回】

大事なのは“一緒にいたいかいたくないか”だけ

そもそも年下の彼と付き合っているということは、年の差がハンデにならなかったから好きになった、ということだと思うんです。“好きになる”という時点では、彼のことを対等に見て好きになっているのに、付き合い始めたら急にそこがネックになってくるというのは、とってもおかしなこと。

私も若い頃、うんと年上の彼と付き合っていたことがあります。きっかけは、彼がアプローチしてくれて、私も「付き合いたいな」と思ったから、というごく普通の経緯なのですが、このとき私は彼との年齢差を一切意識していなかったんです。それはなぜかというと、彼自身が私との年齢差を一切気にしていなかったから。

もしもこのとき、彼が「ユウちゃんは若いから」と遠慮したり、「俺はおじさんだから」と頻繁に言っていたら、私は嫌でも「この人とは年が離れているんだ」と意識していたと思うんです。でも彼はそういった言葉は一切言わずに、普通に同世代の男の子と同じようにアプローチしてくれました。そのおかげで私は彼との年齢差を一切気にせず、ただ“彼と一緒にいたいかいたくないか”という一点だけで決断することができたのです。

今、私も年齢を重ねて、逆の立場に置き換えて考えてみることができるようになったのですが、そうするとあらためて「彼ってすごかったな」と分かります。年齢を気にしている素振りを全く見せませんでしたから。本当に気にしていなかっただけかもしれないですけど(笑)。どちらにしても大切なのは、単純に一緒にいたいかいたくないか。相談者さんも、シンプルに判断していったらいいんじゃないかなと思います。

次のページ>>同世代カップルでも結婚のすり合わせ問題にはぶつかります!  
41 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ