恋愛・結婚
萩中ユウの「わたしの愛させ方」

萩中ユウ「結婚の鬼門=“彼親への挨拶”。彼のご両親に気に入られる“意外な方法”って?」【第25回】

「ついに彼氏ができた!」「彼との関係が一変した!」と参加者の恋愛観を大きく変える大人気の講座を主宰する、愛妻コンサルタント・萩中ユウさんの連載。ユウさんに「わたしの愛させ方」の極意を学びます!

無理に“自分らしさ”を押し通そうとしていない?

こんばんは。萩中ユウです。
結婚となると、お互いの家族との付き合いも大切になってくるもの。でも実際、「相手の親に気に入られていないかも……」という声はよく聞きます。そんなときはどうすればいいか? 私の経験談を踏まえ、お話したいと思います。

<お悩み>
アプリで知り合った彼。お互いに結婚を考えられる相手を探していたこともあって、付き合い始めて早い段階で親に紹介し合いました。ところが彼の親は私のことを気に入らなかったようです。私は自由な社風の音楽会社で働いているため、髪もかなり茶色、服装も個性的。話し方も、きちんと系の会社に勤めている女性に比べると、なってないんだと思います。家柄も彼の家に比べると低いと思われているよう……。彼と結婚したらこの親と付き合っていかなきゃいけないのかと思うと、ためらっています。やはり結婚となると、相手の親との相性も重要でしょうか? (31歳・会社員)


まずは、相談者さん自身が意識して改善できるところはないでしょうか? 髪色を変えるのは大変だと思いますが、彼の親と会う日だけは髪型をきちっとした感じにして行くとか。服装も喋り方も、意識して変えられますよね。そこは別に、「私はこういう系なんで」と押し通さなくても良い気がするんです。
次のページ>>意識してできることは、相手の価値観に寄せてあげればいい  
44 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ