恋愛
萩中ユウの幸せな結婚のつかみ方
16.Feb.2020

萩中ユウ「初デートからわがままなほうが、いいんです!」【幸せな結婚のつかみ方 第6回】

「もっと仲良くなりたい」という気持ちから出てくる言葉をそのままに

with子 ユウさんのすごいところは、相手を悲しくさせたり、イラッとさせたりしない言い方を瞬時に考えられるところだと思うんです。
それって日頃どういうことを意識していたらできるようになるのでしょうか?

ユウ 私は、全員こういった伝え方ができるはずだと思っています。
よく、「どうやったら可愛く伝えられますか?」と聞かれるのですが、シンプルに「素直に思ったことを伝えるだけ」だと思うんです。
思っていることを変に“変えて”伝えてしまうから、少し違った伝え方になってしまう。
恥ずかしさから、そっけなく伝えてしまったり、大切な気持ちも「簡潔に伝えなくちゃ」と思うから、肝心な気持ちがきちんと届かなかったり……。
変化球にするから間違った意図で伝わってしまったり、伝わらなかったりしてしまう。
基本的にはいつだって「彼ともっと仲良くなりたい」と思う気持ちから出てくる言葉だから、そのまま素直に思ったことを言えばトゲもなく、きちんと伝わると思うんです。

with子 わかる気がします。
ただ、本心を伝えるって、やっぱりいざとなると勇気がいりますよね……!

ユウ 最初は勇気がいるかもしれません。
でも、「勇気を出して素直に伝えてみたら、相手が喜んでくれた」という成功体験を積んでいくことで、伝えることが怖くなくなっていくはず。
とにかく勇気を出して、小さな成功体験を積んでいく。
「もしかして素直に伝えると、相手も嬉しいのかな?」と、思い出すことを心がけてください。
それで「素直に言ってくれてありがとう。with子ちゃんと一緒にいると、楽ちん!」なんて言われると、どんどん「あ、言っていいんだな」という思考になっていきますよ。

私の場合、初めて付き合った彼が、私がわがままを言うたびに「素直に言ってくれてありがとう」と言ってくれる人でした。
だから私は最初の恋愛で「伝えるのっていいことなんだ」「素直な気持ちを伝えると相手は嬉しいんだ」と思うことができて、伝える癖がついたんです。
それがもし否定される体験から始まっていたら、「伝えるのって悪いことなんだ」と思っていたかもしれません。
でも、「伝えたら相手が喜んでくれた」という経験をたくさん積んでいくことで、その不安や怖さは上書きしていけると思います。

次のページ>>ストレスがないから「居心地が良い」  
42 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ