恋愛
100%結婚できる恋愛塾
24.Jun.2018

萩中ユウ『溺愛されるワガママの伝え方』【第13回】

ワガママを言うと彼に嫌われる?

こんにちは。
100%結婚できる恋愛塾の萩中ユウです。

「ワガママを言うと彼に嫌われる」
私の恋愛塾に通ってくれている受講生は、こう思っている女性がとても多いのです。
でも、ちょっと考えてみてください。
・男性に嫌われないように我慢する
・愛されるために頑張る
今まで、その方法であなたが思い描いていた“幸せな恋愛”は手に入れることができましたか?

果たして男性にワガママを言うことは悪いことなのでしょうか。
わたしはそうは全く思いません。
私にとってワガママは「あなたを頼りにしています」という愛情表現のひとつだと思っています。
この連載を読んでくれている方の中には、過去に男性にワガママを言って嫌われてしまった経験を持つ方もいるかもしれません。
でも、それはただ「伝え方」が間違っているだけだとしたら・・・。

本音を言ってくれる人は愛しい存在

私の夫は出会った直後、私があまりに自分の気持ちをハッキリと口にするので驚いていました。私は嫌だと思ったときには、その場で嫌だと彼に伝えますし、やってほしいことのリクエストもストレートに伝えます。
でも、彼が今まで付き合ってきた女性は、嫌なことがあると無言で不機嫌になる。
「怒っているの?」と聞いても「別に怒ってないよ」と言いつつ、明らかに顔が怒っていて無言な状態が続く・・・。こういった女性が多かったようです。
それを夫は、「女の人って、わからないし、面倒くさいな」と思っていたそう。彼女の不機嫌を見て見ぬフリしたこともあったそうです。
もしかすると読者のみなさんも経験があるかもしれません。
女性の立場からしたら「私の気持ちを察してよ!」ですが、
男性からしたら「なんで怒っているのか理由がわからない」のです。
例えば・・・「最近連絡が少ないよね」と言って女性が怒っている。
でも、その女性の本心は(寂しいからもっと連絡して欲しい)ですよね。
男性はその隠された本心を察することができない生き物なのです。
だからこそ、伝えたいことはストレートに伝えないと届かないし、待っていても欲しい反応を返してはくれません。素直に伝えない女性は、“不機嫌な彼女”で終わってしまうのです。
最初は目を丸くしていた夫も、今では、何でも自分の思っていることを口にする私のことを “素直に気持ちを教えてくれるから一緒にいて楽”と言ってくれています。
そして、“簡単に(私を)喜ばせることができ、自分も満たされた気持ちになる”と喜んでいます。

次のページ>>「私がワガママを聞いてもらえる理由」

24 件

キーワード

あなたへのおすすめ